PARIS、JEUDI NOIR のマニフェスタシオン。


もう、先々週のことになってしまいます、母とのパリ滞在。
木曜日キャンセルになったオペラは、JEUDI NOIR と呼ばれた大きなマニフェスタシオン、
デモ行進と交通機関のストが原因でした。

いつもパリのデモの様子は、テレビのニュースで観ているだけで、遠い田舎からは、想像するだけでしたが、
今回は、13時にバスティーユ広場で集会があり、その後レピュブリック広場経由、オペラ座までの行進だそうで、
私はその真っ只中にいることになります。
クマからは電話で、そういう時は、デモとは関係ない不敬の輩がシチュエーションを利用して、暴動を起こしたりすることがあるから、
朝ならいいけど、午後はなるべく部屋にいて、出歩かないように… と言われていました。

歩いてオペラバスティーユまで行ける、私たちがいつも定宿にしている、CITADINE BASTILLE MARAISは、
キッチンがついていて、お掃除も頼まないと来ないし、お掃除の人に気を使うことも邪魔されることもなく、大いに気に入っております。
前の通りでは、木曜と日曜には朝市が立ち、母はそこでの新鮮な野菜やチーズを買って、自分で調理して食べるのを楽しみにしています。
滞在中に食べきれなかったものは、ジプロックに入れて、スーツケースに入れてお持ち帰りです。

なので、木曜日の朝は、朝市。
すでに、デモに参加の人たちが集まってきています。
車いすのグループが準備中で、黄色い風船をふくらまして、それがたくさん飛んで行っちゃって、
冷たい風は吹けど、美しい青空に映えてとてもきれい。
なんともお祭り気分です。

部屋に戻り、おいしいものを食べて、うだうだしてた私も、メトロに乗らないで行けるマレ地区の手芸店に繰り出すことにしました。
大通りに行ってみると、もう16時近いというのに、デモ行進は、今始まったばかりの様相です。


a0091997_20272978.jpg

お~~~~ スゴイ参加者の数!


a0091997_20281476.jpg

サルコジ大統領が打ち出す、これからの新しい政策を「恐れて」、それに反対のデモだそうです。
でも、私は言いたい。
まだ行われていないことを恐れるだけで、こんなにエネルギー使えるなら、チャレンジしてみれば?
意外といい方向に向かうかもしれないよ!

…なんて、ここで言おうものなら、袋叩きに会うことでしょう。


a0091997_20302020.jpg

タクシー会社のあなた方、今日は交通機関が止まって、稼ぎ時なんじゃないの?


a0091997_2031173.jpg

皆さん、ベビーカーを押したり、家族ぐるみで、本当にお祭り気分のようであります。
でも、私はこの通りを渡りたいのよ~。



やっとの思いで通りを横切り、喧騒を離れ、ボージュ広場まで来ると、
今日は学校も機能していないので、公園内では、親子連れがたくさん遊んでいて、ほのぼの日曜日の感じです。

お買い物を済ませ、その晩の「マダム・バタフライ」の返金に、バスティーユ広場の方に向かいます。
遠くからもその喧騒が聞こえて、ちょっと行くのがためらわれましたが、怖いもの見たさで近づきます。


a0091997_20352848.jpg

広場中央では、まだ煙モクモク、音楽ガンガン、お祭り騒ぎが続いています。
でももう時間は17時過ぎ。薄暗くなってきています。
もうおしまいだよ~ とばかりに、清掃車が出て、お掃除を始めています。



a0091997_20382374.jpg

地面には、ビール瓶、メルゲーズソーセージのホットドック、食べ物の袋など、これでもかとごみが散らばっていて、
それを掃除機車が吸い取って、水をまいて流しています。



広場を注意しながら渡り、オペラ座に行って、お金を無事に返金してもらって、やれやれ。
レセプションに聞いたら、もちろん木曜日お昼の無料コンサートも、その日は中止だったそうです。
母を連れて、無理に行こうとしないで、よかった。


後からクマにこの写真を見せたら、こう言う時間帯が一番危ないんだよ~! と怒られました。
遠くにいるだけだと、様子がわからなくて、余計心配しちゃうものですよね。
でも、今度から気をつけます。



この先、パリのお楽しみのことを書いていたら、
1時間くらいかけていた記事アップ作業が全部消えてしまったので、涙
今回はここでひとまず〆ます。

[PR]
by tchierisu | 2009-02-09 20:45 | パリ