タグ:Birds of a Feather ( 4 ) タグの人気記事


気が付くともう12月!
何をするわけでもないのに、あっという間に時間が過ぎていく日々です。

ミクシイのクロスステッチマニアックスコミュの、
毎年恒例のイベント、「クリスマス物を刺す」にエントリーしたのは、
ねこサンタさんが刺し終わって、額装に出した時でした。
今から数週間前に額装は仕上がって、なかなか日が射すことが無かったのですが、
ある午後、ちょっとだけお日さまが顔を出したので、
あわてて撮影しておきました。
コミュでは発表用のトピが立ったので、ちょっと2~3日様子を見て、
先ほど晴れて発表いたしました。
なので、こちらにも、額装済みのねこサンタさんの写真を、アップいたしま~す!


a0091997_231533.jpg

(c)Birds of a Feather
French Birthday Cat : Decembre
Stitch Count : 104H x 62W
Two strands over two threads
Linen:32count Zweigart
Belfast Vintage Country Mocha
threads:The Gentle Art Sampler Threads / DMC



他の月のねこちゃんもいつか少しずつ刺していって、
同じ額に入れられたらな~ と思います。
このイベントに発表が終わるとなんかやれやれです。



さあ、ノエルの準備もいよいよ本番です。

[PR]
by tchierisu | 2008-12-04 23:23 | クロスステッチ


ステッチの先生をしているお友達のアドバイスで、
丸枠なしのお気軽さ、
疲れた時も、テラスに出て、オオキミの横でチクチクしていました。

前回のキタ~!状態の記事で、「もうネコちゃんとお分かりですよね?」と書きましたが、
一部から、「ブタかと思った…」という意見もいただき、ププッ
でも確かに…

a0091997_1191848.jpg

その後、一時は、こんな姿になり、
私には、まるで、バチカンのPAPE、ローマ法王、
はたまた教会の位の高い司祭様・・・?にも見えちゃいまいた。

糸が段染めなので、サンタさんの帽子が折れる前までを丸く刺して、
折れた部分はその後に刺して、色の違いを出しましたが、
そんなのって、自分だけの自己満足で、よく見えませんよね~? ハハハ

そして刺し終わった姿がこちら~!

a0091997_131821.jpg

(c)Birds of a Feather
French Birthday Cat : Decembre
Stitch Count : 104H x 62W
Two strands over two threads
Linen:32count Zweigart
Belfast Vintage Country Mocha
threads:The Gentle Art Sampler Threads



白い部分も、オートミールというネーミングの段染め。
ズボンのすそ部分が右と左で全く色が違って、これも面白いかな?
上着の前部分もベージュで、周りの布の色のようで、刺していないようです。
雪も同じ糸で、それは流石に、白い部分を選んで刺しました。
でもちょっとベージュ入っちゃったけど。

見本の写真は、目の真ん中と、その周りの色の差が多くて、
明るいところにいる目の細くなったネコちゃん状態でしたが、
私のは、2つとも濃い色で似ていて、
暗いところで目を大きくしているネコちゃんのようになって、
かわいくできてうれしいです。

Birthday Catの12月ということで、
誰か12月生まれの人の名前と日付を入れたいところでしたが、
何人もいて選べないので、メリークリスマスにしました。
文字部分、もうちょっと段染めの差が欲しかったな~。
こればっかりは届いた糸の加減がそれぞれ違うから、コントロールできませんよね。
でもその分、世界に2つとない子が生れて、楽しいですね。
緑で文字を刺して、白で雪を刺した後、石鹸で洗いました。
最初に糸をお湯で洗っておいたので、色落ちせずにホッとしました。
DMCの糸とは違うんだった~。あせった~。



a0091997_143250.jpg

一晩乾かして、アイロンかけて、最後にいよいよラメ糸。
ゴールドの色味違いを2色持っていますが、
黄色味の少ない、色の薄い上品な方にしました。
毎年一回、ノエルもののためだけに刺す機会がやってくるわけですが、
やっぱり私、ラメ糸大嫌い~。
すぐ割れて糸がぼろぼろになっちゃって、扱いにくい~。
もっと短く切って、何度も糸交換しないと、ものすごく無駄が出ちゃうんでしたっけね~。
それでも、出来上がってくるとキンキラ金で、立体的に盛り上がって、
まるで金属のチャームを付けたようです。
クリスマス物に、なくてはならないラメ糸なのでした~。

糸も布も新しくて、いつもと違ったムードで楽しくさせたねこサンタさん。
他の月も次々に刺していきたいものです。
まだ手に入れていない4カ月分も、なんとか欲しいな~。

クリスマスものが刺し終わったけど、まだミクシイのコミュにエントリーしていません。
まだ自力で車で額装屋さんまで行けないので、
お店に出してから宣言しようかな、と思っています、
...って、ほんと、どれだけ慎重なんだか...

[PR]
by tchierisu | 2008-10-14 02:16 | クロスステッチ




今日、2つ目の記事アップです。
1つめはこちら・・・

HAEDの合間に進めているクリスマス物、
ここまで進みました~!
a0091997_6282650.jpg













(c)Birds of a Feather
French Birthday Cat : Decembre
Stitch Count : 104H x 62W
Two strands over two threads
Linen:32count Zweigart
Belfast Vintage Country Mocha
threads:The Gentle Art Sampler Threads




浦島花子な私には、そのオリジと、いったい何の意味なのかさっぱり???の、
キターーーー とか言うのを、よくネットなどでみかけますが、
それに似ているな~と思ったり。
または、昔、ケロンパスの側にいた、ニャロメにも似ているな~とか。
期しくも、先日赤塚不二夫さんが亡くなられたそうで、
刺繍しながらこんなところから、ご冥福をお祈りしています。
タモリさんの白紙の弔辞が素晴らしかったと、記事を読みました。

この作品は、アメリカ Birds of a Feather の、
French Birthday Cat の Decembre です。
12カ月のカレンダーなので、12枚のセットになっています。
何がフレンチなのかというと、毎月のスペルが英語でなくてフランス語なのです。
こんなにかわいいというのに、Birds of a Feather では、
クロスステッチ部門を廃業してしまって、
このシリーズももうずっと前から廃盤なのです。
それをミクシイで知った私は、こちらの店で8カ月分をゲットできましたが、
4月5月6月7月の4カ月分がありません。
廃盤になったチャートを手に入れるには、
オークションなどで、どなたかが中古を売りに出す偶然に出会うしか 
他に方法はないのでしょうか? 
どなたか~~~~

パピマミ(クマの両親)、私の両親、クマの3人兄弟、それぞれの配偶者、2人の子供と、
12人家族みんなの誕生日を刺繍しようとしましたが、みんなの誕生月が重なること!
私の母と甥っ子にいたっては、誕生日がまでが一緒だったり!
そして誰の誕生日のない月も、結構あるというわけで、
誕生日を刺すのはあきらめて、
クリスマスや、ハロウイン、新年などの年中行事を、お手本通り刺すことにしました。
でも何もない月もあるし…
急に誰かの誕生日を刺すかもしれません。
とりあえず今回の12月は「メリークリスマス」でいきます。

このキャラクターがネコちゃんなのはもうお分かりですよね。
12月のこの子の顔の部分を刺していて、この糸の段染めぶりが美しくて、
こんな毛のネコちゃんが側にいたらな~ と憧れてしまいます。
グレーに茶色が混ざって、高級そう…
そんなことを考えていたら、普段はこっちに来ないうちのラッキーちゃんが
私の側にやって来るから、不思議です。
私の考えていることが分かって、嫉妬しているのかしら?


ミクシイのイベントへの参加は、この作品の進捗次第で、まだ宣言はしていないのですが、
もうここまで来たら、「参加します」とかきこしてもいいかしら?

でも、HAEDにノッている時って、ついそればかりになって、
気が付いたらクリスマス間際、またぎりぎり大慌て…なんて事態は避けたいもの。
もっと進んで、額装に出すくらいになってから宣言しようかな~ と、
こんな小さな作品のくせに、今年はやけに慎重であります。

[PR]
by tchierisu | 2008-08-26 07:10 | クロスステッチ



再沸騰中のステッチ熱に火がついたのは、
ミクシイのクロスステッチマニアックス コミュのクリスマスイベントの開始ニュース。
オルレアンの街の中のお気に入りだったお店が閉店して以来、
いったいどこで買い物したものかと困っていましたが、
いいネットショップもいくつか発見してしまいました。やれやれ。
見始めるとぽちりたくなってしまい、またコレクションも増えてしまいます。
そして、昨日頼んだチャートが届きました。わ~い。

肝心のクリスマス用には・・・? と、手持ちの在庫をガサゴソ。
やりたいものが、そうそうこれこれ、ありました。
アメリカのBirds of a Featherの12枚もののひとつです。
慣れ親しんでいた、DMCなどフランステイストとは違う、
楽しいデザインが多いアメリカもの。
私にとっては大きな発見でした。

このシリーズはもう廃盤と知り、慌ててまとめ買いした8枚。
12枚全部そろわずに、泣いています。
廃盤になってしまったものって、後はどうやって手に入れたらいいのでしょうか?
オークションなどで、根気よく探し続けるのかしら?
持っている方からコピーさせてもらうのは違法なのですよね~?
悩ましいことです。

持っているだけでは単なるコレクション。
やっぱり刺さないとね。
イベントに今年も参加できるかな?
ちゃんと間に合うかな?
見つけたネットショップで、toile と fils を注文。
今回の指定糸は、DMCではありません。
The Gentle Art の Sampler Threads、段染め糸です。
フランスの手芸店ではまずお目にかかれません。
でもこのアメリカ製糸も、ネットならちゃんと買うことができます。

待つこと数日、届きました。!
フランスにしては早い対応で大喜び。

糸のチケットを見ると英語で、
「刺し始める前に冷たい水で洗って、ペーパータオルでぬぐって、色が落ちなければOK。
まだ落ちるようならもう一度繰り返す。」とあります。
言われた通りにやってみると、赤系が色落ちしましたが、黒や緑は大丈夫でした。
ぶらさげて乾かします。
やった糸は真っすぐになりました。

生地は、苦労して検索しましたが、指定のものが見つかりません。
でもあるステッチャーさんのブログで、指定の生地は「最後に洗えない…」とあったので、
そうこだわることもないと、違うものを注文しました。

そして、大きさをはかって、端を縫ったりしない横着な私…
ギザギザはさみで切って、準備万端。

a0091997_213217100.jpg


HAEDの合間にやるには、とっても良くて、はかどるはかどる。
なんでもスタイルからの私は、刺繍と言えば丸枠でしたが、
お友達の刺しゅうの先生から「丸枠やスクロールパネルなんて使うんじゃないわよ!」
と言われた言葉を思い出し、
写真で用意はしたものの、今回は小さな作品でもあるので、
枠なしで刺して見ています。
初めてのことです。
最初は指がつりそうでしたが、いいポジションを発見。
なんか、タオルをたたんで縫って、雑巾をたくさん作らされた、
昔の家庭科の運針を思い出してしまいます。
でもどこでも移動して手軽に刺せるのがいいかも。


a0091997_21232328.jpg



やり始めて数時間後の状態です。
段染め糸なので、ひと目づつをxxxに刺していかないと
きれいな色のグラデーションぶりが出ません。
写真でわかるかな?
HAEDと違って、ハーフステッチだけ一列の過程がなくて、
絵がどんどん現れてくるので、楽しい楽しい。

・・・で、いったい、このスカートみたいなのは、
なんのモチーフなのかは、次回もう少し進んだところで発表します。
でもご存じの方はすぐわかりますよね。

[PR]
by tchierisu | 2008-08-07 22:00 | クロスステッチ