タグ:A Quaker Christmas ( 4 ) タグの人気記事

a0091997_2238816.jpg


"A Quaker Christmas" ByGone Stitches
Fabric: Lakeside Linens "Vintage Basketweave" 40ct
Fibers: Belle Soie Hand Dyed by Crescent Colors
Cranberry, Collard Greens and Cinnamon Stick
1over2


昨日、中央の年号の配置と、自分のイニシャルを迷いに迷った挙げ句、
ついに刺し上げることができました!
うれしいです~!

過去の自分の記事を見ると、刺しはじめは、
前回の帰国の直後、2010年12月。
もちろん途中で、他の小さめの作品もいくつか仕上げてはいますが、
放置も多く、スクロールフレームごとのインテリアと化し、
実に2年と1ヶ月半もかかってしまいました。
完成後に洗えないシルク糸だというのに、
どれだけほこりや汗も染みついてしまっていることかしら。

初めてのシルク糸と、細かい40カウント。
そのあまりにか細くFRAGILEで繊細なムードが、刺しはじめは大変でしたが、
今こうして終えてみると、この布の前を離れるのが寂しいくらいです。
でも、40カウントの布に刺すのはもう私の視力の限界。
これが最後でしょう。


a0091997_22473569.jpg



オリジナルは緑の糸がベースですが、私は赤と緑を逆にしました。


オリジナルチャートに書かれた年号は2007年。
発表されて大ブレイクを巻き起こしてから、
早いものでもう6年経ってしまっています。
いまさらながらの完成記事は、時代錯誤も甚だしい?

昨日、まず迷ってしまっていたのは、中央に何年と刺すか。
オリジナルの2007と刺すこともできるし、
今仕上げたのだから、本来だったら2013と刺すところでしょうか?

でもでも、やっぱり、2010年の11月に、九州のみささんのお宅まで伺って、
みささん、ねこぽけさん、みさん、と4人で、はじめてお目にかかって、
このQCを一緒に刺そうとお約束した、そのことを記念したい作品です。
「2010」と入れさせていただきました。


a0091997_225227.jpg



それから、イニシャル。
先日のクリスマスに先に仕上がっているみささんの写真を拝見すると、
ご自分のお名前一文字だけを入れていらっしゃいます。
過去の仕上げられたステッチャーさんの写真をネットで検索すると、
みんなオリジナルのようにアルファベットを二つ並べているので、
みささんの一文字はとってもオリジナリティーがあります。
私もそれに習って、後に続くお二人もそうしたら、
私たち4人だけの証になるかも~ などとも考えました。
でも、この作品を離れる名残惜しさも手伝って、
やっぱり、なんだかたくさん刺した方が、楽しい~ となって、
クマの苗字でいるいまの幸せもうれしくて、姓の頭文字のBも入れてしまいました。


それから私の名前の頭文字。
親がつけてくれた名前のパスポート表記のヘボン式ローマ字はCですが、
その綴りは、フランスではあまり良い意味ではない上、
フランス人には発音がむずかしく、私は勝手にTを最初につけています。
SALのマリーちゃんを刺した時は、Tと刺しましたが、
Cの文字もかわいくて好きなので、今回はCと入れました。
でも、CBって、なんだか、
CARTE BANCAIRE、あるいは CARTE BLEUE =銀行カード の略みたいだけど...笑
(フランスの銀行のカードは青いため 一般にこう呼ばれる)

ではどんなCBを刺そうかしら?
オリジナルのチャートは、このQCの中にちりばめられている、シンプルな大文字活字体。
それでも良いけど、私はすぐに色気がでてしまいます。

以前、Isabelle H Vautier さんの作品を刺した際、
ご本人に、中に入れる文字をアレンジする許可をお願いしました。
その際、「ちゃんと『BIBLE』なんかで文字を選んで入れなさいね」とアドバイスいただきました。


a0091997_2257596.jpg



これがその分厚いバイブル。
縦の目数の小さい方から順番にいろいろな文字サンプルが載っている本です。
この本は、縦55目までですが、第2巻目にはもっと大きな文字が載っています。
そちらは持っていないけど、義理の妹と一緒に買おうか~ と話しています。
(ステッチの本はいつも彼女と回し読みです。)

赤ちゃん誕生のお祝い作品の文字など、いつもこれを参考にして作っています。
今回、自分のCBも、この中の縦9目をいろいろ見て、その中の172番で刺しました。
なんだかお花模様がくっついちゃって、
シンプルなQCのムードをこわしてしまうようでミスマッチかしら?
でもまあ、自分で気に入ったものなので、いいことにしましょう。

a0091997_22553546.jpg



ただ一つ、細かい点で気に入らなかったのは、このイニシャルの位置。
年号の2010の1と0は、私のアドリブなので、
何度か刺し直して、ちょっと上の写真のバランスにやっと収まりましたが、
イニシャルは、チャートの「ここに文字を入れなさい」というガイドラインを信じて刺したのに、
モチーフの中で右に寄った感じ?
今もう一度チャートをよくよく見ると、
ガイドラインがすでに、左の余白が多くなるように指定されています。
そう思って気にして見始めると、ずっと気になる~。
1目、じゃないな、半目、左に寄せて刺し直そうかな~?

迷っていましたが、QCのカバー写真のイニシャルGRはなんだか左寄り。
それを踏まえたガイドラインだったのかしら?まさか...
そもそも、クエーカーというのは、伝統の古いモチーフでできていて、QCもそれをもじったもの。
シンメトリ-になっていない部分やら、間違えが多いのは、前回のマリーちゃんの時もそうでした。
間違えに気づいて、自分で対照になるように変えてしまってもいいし、
あえてチャート通りに間違えたまま刺すのもおもしろいというもの。
このなんとも、現代のコンピューターグラフィックスで作ったデザインではない、
素朴で、時にバランスが悪いところが、クエーカーの醍醐味なのかもしれません。

なんてことを考えたもので、この右寄りのイニシャルは、このままにしておくことにしました。
決して刺し直すのがいやなわけではありませんよ~!


こんなに大きな作品を仕上げたのは、私にとっては初めてかな?
なによりも、ステッチャーのお友達と一緒に刺そうって決めたものを完成させることができたことで、
今はものすごくうれしいです。

何度も言いますが、シルク糸で洗えないため、
せめて裏から丁寧にアイロンをかけて、
額装に出そうと思います。



a0091997_2258059.jpg



みささんは、あと数日で2人目の男の子の出産。

ねこぽけさんも、5月には女の子のママとなり、
今はおなかが苦しくてなかなか刺せないとおっしゃっています。
彼女だけは、オリジナル通り、緑が基調で刺してます、その完成も早くみたいです~。

みさんも、お仕事がお忙しくご活躍で、冬は編み物三昧だそうです。
でも、彼女も同じ ByGone Stitches からその後出た、
ニューバーションのクリスマスクエーカーに鞍替えして、準備をしているはず、
いつの日か、その完成が見たいです!

一緒に刺そうとお約束はしなかったけど、その時同行してくださった、
namiusaさんも、あれからずっとお仕事が大忙しで、その業界の大御所の道まっしぐら。
でもその傍らの編み物作品たちの美しさに、私はいつも惚れ惚れで、
彼女は私のTRICOTの先生です。



額に入ったQCを眺める度に、これからずっとずっと、
彼女たちのことを思い起こすことでしょう…
[PR]
by tchierisu | 2013-02-19 23:13 | クロスステッチ

あと一息のQCです!


a0091997_20431746.jpg


"A Quaker Christmas" ByGone Stitches
Fabric: Lakeside Linens "Vintage Basketweave" 40ct
Fibers: Belle Soie Hand Dyed by Crescent Colors
Cranberry, Collard Greens and Cinnamon Stick
1over2

2010年の帰国の際に、ステッチャーお友達4人とのオフ会で、
みんなで一緒に刺し上げましょうねと約束した、QC。
もういい加減、仕上げないと・・・

実は最近編み物にも手を出して、その自分のへたっぷりに、辟易・・・
これならまだステッチの方がうまくできるかな?と、刺繍熱が再発した次第です。

だいたい編み物は、
3Dやアドリブを兼ねたオリジナイティーや、アーティスト性が求められる様に思います。
それが苦手な私には、指定通りに刺していれば作品ができてしまうクロスステッチが向いているようです。
アーティストが描くイラストや絵画と比べたら、
いくら細かいものを美しく刺すと言ったって、
子供の塗り絵のようなものかな?と思うのです。
それ以上の域にはなかなか達することができないな~。

私の刺繍人生も、目や腰のことを考えると、永遠には続きません。
大作HAEDをこのまま放置で死ねるのか・・・
もうちょっとは進めてみたいところです。
HAEDに戻るにはまず、
長年フレームに貼りっぱなしで、インテリアと化しているこのQCを仕上げてしまおう!

フェイスブックの方には、2月中の完成を宣言して、がんばっております。
後この余白の他に、中央に自分のイニシャルと、年号を入れます。
4人のお友達のうち、みささんは赤ちゃんのママであり、今月は臨月だというのに、
去年のうちに密かに刺し上げていらっしゃることを昨日知りました。
知らなかった~~~!
彼女は自分のイニシャル「M」と、仕上げた「2012」を入れていらっしゃいます。
私はどうしようかしら?

まずはこの余白を早く埋めてしまおうっと。
[PR]
by tchierisu | 2013-02-13 21:05 | クロスステッチ

大変なご無沙汰でございます。
皆さまお変わりありませんか?
実に1年と8ヶ月ぶりの更新です。

去年のお誕生日に、iPadを買ってもらい、
それ以来、近況のつぶやきは、すっかりFacebook経由となっておりました。
先ほど、ふと思い、エキサイトブログのアップルアプリはないものかと、
遅ればせで調べて見たら、ありました!
でも、iPhone向けなので、
キーボードの様子などが違い、今ひとつ使えないかな~ という印象です。
何か一言言いたい時には、便利かしら?

a0091997_16531453.jpg




"A Quaker Christmas" ByGone Stitches
Fabric: Lakeside Linens "Vintage Basketweave" 40ct
Fibers: Belle Soie Hand Dyed by Crescent Colors
Cranberry, Collard Greens and Cinnamon Stick
1over2



現在の刺しかけは、やはりQCです。
クレジットなどいれにくいですね。
あとでパソコンから編集し直ししないといけなさそうですね。
(その後、入れ直しました。)

まずは、試験投稿でした。
[PR]
by tchierisu | 2012-08-31 16:39 | ブログ

やっと、QC始めました!


今回の帰国の際に、ネットを通じて知り合って、はじめてお目にかかったステッチャーさんたち。
同じ趣味の方たちとの時間はあっという間で、本当に楽しかった…
はじめて会う人なのに、相手のことはお互いもうよく知っていて、なんだか不思議なものですね。
九州のみささんのお宅に伺ったのは、同じエキブロのゆこりんさんと3人で、いつか会おうね って話していたのが実現したことでした。
みささんからは、いつも私がよく知らない、アメリカの情報を教えていただいています。
それで、私も、フランスでは手に入りにくい、LAKESIDE LINENSの40カウントの布に、BELLE SOIEかなんかで、いつか刺してみたいと、研究だけは進めて、
大ブレイクを巻き起こしたBy Gone Stitches のA Quaker Christmasの材料をアメリカから取り寄せて、一応準備万端ではありました。
今回のミニオフ会には、同じ小倉の みさん も飛び入り参加でしたが、彼女はもうQCを手掛け始めているとの情報も得ました。
みささんも、ゆこりんさんも、いつでも始められる状態ということで、それではみんなが会えたことを記念して、私がフランスに戻る11月13日から始めましょう と、
4人の間でお約束が交わされました。

フランスに戻り、時差と疲労で伸びていた私、不覚にもお約束のことはすっかり忘れてしまっていました。
でも、みささんが、赤ちゃんがいるというのに、毎日寝る前に2本は刺すというマイルールだけで、
あっという間に大きなメダイヨンと小さいの、合計4つ終わった~ などと報告してきて、
私もやっと思い出した次第でした。

奮起して始めようと、チャートをコピーして、まずはどこから刺そうかな?布はどんな感じかな?と見てみました。
確かにLAKESIDEの布は、手に入りにくいので、貴重です。でも端から計算しても、残りはほんの帯状態、それを使って私が何か小物を刺すとは思われません。
ええい!計算も面倒だ~!堂々とその布全部を使って、真ん中から刺し始めることにしました。
コンパクトに出来上がるから小さいよね~、と思いこみ、HAED用とは別の一つ小さい幅のスクロールフレームを引っ張り出してきましたが、幅は見事にHAEDと同じ寸法。
フレームにつけるためには、今のHAEDをはずさないといけません。あわてて同じ大きさのフレームをもう一つ、アメリカに注文しましたが、到着は2カ月後くらいになりそうです。

それから、はじめての40カウントに、1over2。
HAEDのエタミンは1over1 とはいえ、25カウントで、クロスステッチ一目の出来上がりこそ1ミリと小さいけれど、織目で言えば、40カウントより大きく、見るのは楽。
Over2と言っても、目は数えるわけで、40カウントは、細かいです!
仕上がりがコンパクトになるには、この試練を乗り越えて何とか慣れなければ!
断念したMINUATUREをやっていた時のような目の痛みが…
しょうがなく丸枠で始めましたが、やっぱり布がぴんと張ってくれなくて相当つらいです。

糸も はじめてのシルク。お~これがシルクの感触ね~。
まるで毛糸のような感じ、切れやすいです。針穴内が一番やさしく仕上がっていると定評のある、みすや針の寸1でないと、すぐにけば立ったり切れたりしてしまいます。
そしてシルク糸ですから当然洗う訳にはいきません。
刺し終わってからも洗うことができないのですから、これは相当気をつけて、毎回刺し始めは手をきれいに洗ってから、
できることなら短期間で仕上げてしまうことが肝要でしょう。

そんな状況で、ちょっとモチベが下がって、すぐに始めるには至りませんでしたが、HAEDの方が、前記事で紹介の通り、区切りが良くて、
この度、スクロールフレームの布をQC用に張り替えました。
フレームに張ると、すこぶる調子がいいです。やっぱりHAEDよりも、優しいので、いちいちチャートを見る頻度が少なくて、快調で気持ちがいいです。
そうなると、細かさにも慣れて、楽しい楽しい。




a0091997_1024296.jpg

"A Quaker Christmas" ByGone Stitches
Fabric: Lakeside Linens "Vintage Basketweave" 40ct
Fibers: Belle Soie Hand Dyed by Crescent Colors
Cranberry, Collard Greens and Cinnamon Stick
1over2



a0091997_10243863.jpg


でもまあ、まだこれだけしか進んでないのですがね・・・ははは。
青いタオルはぴんと張るためのものですが、こんなことすると裏に型が付いてしまうかもなのです。
アイロンがけだけで、最後きれいに仕上がるといいのですが・・・

SALのMARYちゃんと同じく、間違いが多いこのチャート。チャートの表記と出来上がりの写真が違うところも多々あります。
まあそんなに神経質にならないで、楽しみたいと思います。
真ん中からなので、周りのラインが一列に揃うかどうか?MARYちゃんも揃ってなかったですものね。

お~~~!今みささんのブログに行ってみたら、クリスマス前で、なんともう3分の1も進んでる~~~。乳飲み子抱える忙しいママだというのに~。
ちょっと真剣に刺そうという、今だけ気分であります。
とりあえず、新しいフレームが到着するまで、QCがんばってみます!
[PR]
by tchierisu | 2010-12-30 10:25 | クロスステッチ