タグ:環境問題 ( 1 ) タグの人気記事


このブログの欄外にある、グリムスの私の risu の木。
もうずいぶん前に植えましたが、ブログの更新はしないし、エコな話題もキーワードも出さないので、ちっとも大きくならず、
そのうち枯れてしまうかもね~。

ということで、大きくなったお友達のブログを参考に、先日発表されたキーワード
「食物連鎖」とここに書いてみます。
強いものが弱いものを食べて地球のシステムは廻って行くという、エコシステムのことなのかな?
でも、人間がそのシステムを崩してしまっているんですよね。

私の住むMEZIERES村は、人口が少ないということもあって、今まで週にたったの1回、火曜日に、ごみの収集があるだけでした。
フランスは分別ごみに関してのモラルはほかの諸国よりもぐっと低く、
ペットボトルでも、小さなビンでも缶でも何でも一緒に捨ててしまえます。
市役所やお城のある村の中心の横に、分別ごみのコンテナがあって、ワインの瓶などの大きなものはまとめて捨てに行きますが、
わざわざ車で遠くまで運んで行って、いったいどのくらいの人が実行しているのかしら?

以前、オルレアン大学の生徒だった頃、フランス語の授業の一環で、何かを取材して発表というのがあり、
オルレアン地域のごみを燃やす大きな焼却場に見学に行ったことがありました。
環境問題と題して発表しましたが、とても興味ある経験でした。
焼却場では、何もかも一緒に出されたごみ袋を開いて、分別作業をしている人たちがいました。
なんて大変なお仕事…
もっと家庭で一人一人が地球のことを考えて行動するように、国単位で政府が呼びかけるべきではないかな~ とも思いますが、
まだまだ道にごみやたばこの吸い殻を、なんと!車の窓から放り投げる人が、そこら中にふつ~にいるこの国では、なかなか難しいかもね~。
貧富の差があって食べられない人も多いし、犯罪の阻止なんかの方が大切で、そこまで手が回らないのかもしれません。

地球に良いことを何かしたいと思っている私は、なるべく分別に心がけるようにはしていました。
手段としては、村の真ん中のコンテナに持って行くだけでなく、
大きなスーパーには、電池や、ペットボトルのふたや、コピー機やプリンターのインクのカートリッジなど、
細かく捨てるものに分かれた箱も置いていあります。
でも、どれくらい私の努力が繁栄されるかと思うと、モチベーションが下がるというものです。

ところが、人口が少ないこのMezieres村にも、7月頭、
いつもの火曜日の黒いゴミ箱とは違う、黄色いふたの付いたごみ箱が配られました。
もうすぐ分別ごみの収集が始まるというのです。わ~い。
大きなオルレアンなどの市民のようです。
そしてこの度やっとチラシが入り、10月1日から毎週木曜日がその分別ごみ収集の日と決まりました。
台所には早速もう一つごみ箱を置いて、缶やペットボトル、シャンプーや洗剤の入れ物、お菓子の箱、などを分けることにしましょう。

地球環境にやさしいことを実践するのって、やっぱり気持ちがいいですね。
あ、電気の点けっぱなしも、気をつけなきゃね。
地球温暖化を防ぐのにつながるよね。
[PR]
by tchierisu | 2009-08-28 23:59 | フランス生活