タグ:京子食品 ( 3 ) タグの人気記事

私の贅沢...涙の筑前煮。

a0091997_20373046.jpg


この写真。
日本にいらっしゃる方には、なんでもない絵ですが、
フランス、それも田舎に住んでいる者には、
涙もののよだれものであります。

今までは、材料がないので作ることをあきらめ、
ページを開けば、ため息が出るだけなので、
見ない様にしていた料理の本の和食のページを
先月以来、ぺらぺら眺められる様になった喜びは、とっても大きいというものです。

次回は何を作ろうかと、検討の結果、
やっぱり筑前煮!!!

身体にいいというのに、レンコンやごぼう等の根菜は
フランスではとっても手に入りにくいです。
でも今回は、京子さんに注文できるので、
例えば、ごぼう2本で19ユーロとお高いですが(1€=150円で計算の昨今)
やっぱりそれを求める日本人のDNAには勝てず、
材料を揃えることにしました。

なんと言っても嬉しかったのは、
調理している最中の、ごぼうとこんにゃくの香りです!
こんにゃくを自分で料理するのなんて、
10年以上ぶりです。

サトイモは、こちらではアフリカ人も食べるので、
中国食材屋さんでモドキを売っていますが、
今回もう水煮してある冷凍ものしか手に入らなかったものの、
やっぱり日本ものは味が違います。

レンコンも水煮してあるのだったので、ちょっとしゃきしゃき度に欠けましたが、
今度はちょっと時間をずらして、後の方に入れるのがいいかも?

たけのこも、中国ものでなくて、京子さんで買った日本ものをこだわって使ってみました。

きぬさやはフランスではポピュラーではありませんが、
最近グルメのフランス人が食べるようになったので、
AUCHANで売り始めています。
パックの後ろに、調理の仕方の説明が懇切丁寧に書いてありました。

鶏肉は、やっぱり日本のものよりもおいしいです。
きっとどれもこれも地鶏だからかな?

にんじんも、日本のよりもお安くて、香り高いのが普通です。

干ししいたけや、だし、
しょうゆやみりん、調理用の日本のお砂糖や、お酒なんかも
ひとつひとつ取り上げれば、手に入りにくいもので、取り揃えるのは苦労なのです。

それでできた、とっても高価で、貴重なる私の筑前煮がこれです!
ここぞとばかりに、大量に作りました。
これでも半分食べちゃった後の量です。
写真アップのための大きな器がなくて、
鍋をひっくり返して盛ったので、
こんな美しくないてんこ盛り写真になっちゃいましたが、
私にしては、涙ものなのであります。

小分けにして、冷凍にしました。
引越しお祝いにと、日本人の方に、ちょっとおすそ分けもしました。
身体にいいんだからと出すと、
クマも「フンフン」と言いながら食べてくれました。

こんにゃくが一番嬉しかったかな?
次回もこんにゃくは頼むことにしよう。
まだごぼうとレンコン残っています。
やっぱりキンピラかな?
それとも、どなたか、なにかいい他のレシピのアイデアありますか?

いつもこんな思いまでして、作りたくなる和食です。
そんなに恋しいなら、日本に帰れ...と言うところですが、
人間なんでも、無いものねだりで、
本格的な和食をこんなフランスの片田舎でまず作れて、食べられると言うことが、
まったくの贅沢だから、よりいっそうなのだと思います。
私は本当にしあわせ者であります。

日本の皆さん、身体にいい素敵な和食、
材料もすぐ手に入るのだし、
日頃から、せいぜいしっかり、私の分まで食べるようにしてくださいね。
[PR]
by tchierisu | 2006-12-03 20:36 | お料理

先週京子食品さん配達の日は、実家から荷物も同時に届きました。
揚げせんべいと一緒に、「功名が辻」や「男はつらいよ」等の録画DVDも入っていて、
毎回日本からの荷物はうれしいです。

京子食品さんの配達の日、
自宅に急いで戻って冷凍庫や冷蔵庫にお買い物を収めた後、
久しぶりにお目にかかる、日本人のお友達のうちへ伺いました。
京子さんでのお買い物の配達です。
もう一人のお友達も見えていて、久しぶりに日本語でぺちゃぺちゃおしゃべりしました。
子供達もバカンスなので、一緒にお昼をご馳走になります。
鴨肉のお鍋です。
CANARD(普通のかも肉。オスかな?)が少ししかなかったので
CANETTE(かものメスの肉)も買ってみた というので、
食べ比べてみましたが、そんなに違わないかも...。
CANETTEの方が、ちょっとだけ繊細かもしれません。
どっちもすごくおいしいです。
友人はたくさん店を廻って、新鮮なクレソンを手に入れておいてくれました。
小松菜や春菊の代わりで鍋には欠かせません。おいしいです。
お豆腐もたくさん。
そうそう忘れてならないのが、私が今回はじめて食した、「柚子胡椒」!
今度どっかで絶対手に入れなければ...。
インスタントで簡単という卯の花も私は気に入りました。
これも今度どこかで買おうっと。
お漬物も一人でぽりぽり食べてました。
子供達もいるので、と5合炊いたご飯が、最後のおじやには足りないくらい。
全部見事になくなりました。おそるべし。(笑)

a0091997_0473934.jpg

↑おいしすぎて、食べてる最中は写真が撮れませんでした。終わった残骸。
 カセットコンロと土鍋の風景は、日本じゃ当たり前ですが、
 ここらではちょっとお目にかかれないものですよ。

デザートはミニくさ大福。
私はお友達が焼いたチョコレートケーキ。
2種類あって、「いつもはもっとおいしいのに、今回は生クリームが液体タイプを使ったので、
両方失敗だ」と作った本人は言っていましたが、
バターを使っていないので、ひとつはカステラのチョコ風味みたいだし、
両方ともちょっと違った趣でおいしかったです。
いただいて帰りました。ごちそうさま~。
帰りに寄ったナタリんちで、彼女もおいしいと言ってたくさん食べていました。

京子食品さんのスタッフが、私のために特別に
店に出さずに配達の日まで冷蔵庫に取っておいてくださったのが、にら。
牛肉と豚肉の合びきというのもリストにあったので頼んで、餃子の皮も頼んで、
早速作りました。
うちの祖母は中国で暮らしていたことがあり、現地の中国人に習ったレシピです。
にんにくは入りません。

a0091997_0523712.jpg


自分ひとりでほくそ笑みながら食べるもので、お客様に出すわけではないので、
見たくれはトップトップではありません。
小麦粉がふってあるのは、ちょっと穴が開いてしまったため。
祖母のレシピは25枚入りの皮2袋の50個分で、
お肉は200gずつの豚と牛400gというものですが
今回の皮は20枚入り2袋の40枚、でもお肉は430gあったので、
最初に等分に分けた時にすでに「こりゃ多いな」と察知し、
どれも目いっぱい包んだので、パンパンで余計に不細工です。
でも中身がたくさんで、食べる時はおいしいのです。
私が小さい頃は祖母の家、あるいは祖母がうちに来た時に、
母も交えて一緒に作ったものでした。
3人で作ればそんなに大変じゃあなかったけど、
1人で作るのって、いつも終わるとへとへと。
こちらに来てからはなかなか材料が整わないので、食べたくても半分あきらめていたので
今回はすごく久しぶり、数年ぶりに作ったので、余計疲れたかも。
でも毎回そうですが、包みながら数年前に亡くなった祖母のことをいろいろ思い出します。
そういえば、おばあちゃんが亡くなってから初めて餃子作ったんだな~。

できあがって、半分は冷凍庫に保存。
その晩もう半分は、丁度クマの13歳になる娘もバカンスなのでうちに来ていて
焼いて出しました。
中国人に言わせると、焼くのは下品な農民の食べ物で、
本当は水餃子にするものなのだとか?
でも私は焼いたのが好きです。
巷の餃子とは違って、3面全部をカリカリに焼いてから、
水を入れて蓋をして蒸して、その水分がなくなってから、
焦げすぎないようにまたカリカリになるまで焼きます。
またついおいしすぎて写真を撮りませんでしたが、
クマはものすごく好きで、ぽんぽん食べていました。
クマの娘は1つだけ試していました。
ちょっとにらの味やしょうがの香りに抵抗があるのかも。
彼女はもっぱら別に作ったチキンナゲットにケチャップかけて、
ここに来ないと食べられないという日本のお米にふりかけかけたの食べてました。
こんな時のお米は、「日の出」と書いて「SHINODE」とローマ字がふってある、
オルレアンで手に入るイタリア米です。
日本からのお米は、高価なので私専用です。
無洗米は5キロで62€もします。でもおいしいんだもん。
米好きの私のささやかな贅沢です。

ロンドン経由オージーのしゃぶしゃぶ用肉も、食してみました。
おいしかったです。でもちょっと高いかな。日本と同じ値段。
こっちじゃ肉は高いものではないので、そう感じてしまいます。
いつも食べている普通の脂のあるアントルコートを買ってきて、半冷凍して
今度ハムなんか切るスライサーを買って来て薄く切るとしよう。
大好きなえのきも買ってみました。おいしいけど、物足りない、もっと食べたい。
もっと食べるには高すぎる。普通の1パックで2€以上するからな~。
絶対欠かせないすき焼きやなんかをする時に頼みましょう。
後まだ冷凍庫に焼肉用薄切りもあります。うふふ。
それからさっきは鯵のひらきを一人で網で焼いて無線米を炊いて食べました。
おいしすぎて涙が出ました。
オランダで作っている鯵のひらきだそうです。
頭の方の肉や皮まで食べてしまいました。
でも換気扇を回しても煙が部屋に漂ったので、
誰もいない時じゃないと、フランス人にはひんしゅくで焼けないな~。

明日はお豆腐を湯豆腐にして一人で食べようかな?
厚揚げを焼いて食べたらなんか身体の調子いいみたいだったので。
こちらでは更年期には「大豆」とすぐ返ってきます。
一人でしか食べられないところがちょっと寂しいけど、
食べられるだけ幸せだわね~。
[PR]
by tchierisu | 2006-10-28 23:54 | お料理

先日母と一緒にパリに行った際、帰りに寄ったのは、
オペラ地区の京子食品さんでした。
以前私もこの地区で暮らしながらお仕事していたことがあり、
京子さんにはいつもお世話になっていました。
スタッフの皆さんとも顔なじみで、先日も「お久しぶり~」とご挨拶したことはもう書きました。

その時の会話で、
「今どちらに住んでいらっしゃるんでしたっけ?」
「オルレアンの近くです」
「オルレアンといえば...」
と次に伺った話が、なんとビッグニュース!

オルレアンには日本企業がいくつかあるお陰で、
日本食レストランもあり、
その会社やレストランに、京子食品さんは先月から月に一度
オルレアンまで配達に来ているというのです!

「私のような小口客でも、それに便乗できるのですか?」
「じゃあ担当に話しときますね~」
ということで連絡先を残しておいたら、
翌週、「納豆ひとつでもOK」というお電話をいただきました。

なんという快挙でしょう!
今までオルレアンで暮らして10年。
こんな日をどんなに待ったことか...。
長く生きているといいこともある...ウッウッウッ(感涙)

他のものは実家や友人から送ってもらえても、
日本のお米はフランスに郵送が禁止されているので、
やっぱりおいしいお米だけはパリに行かないと買えません。
帰国の際や、友人に頼むといっても、やっぱり送料が馬鹿になりません。
やっぱり日本食材は貴重品で贅沢品なのです。

京子食品の担当のF氏はとてもプロフェッショナルで、
久しぶりのスピーディーかつ親切丁寧な日本式サービスがとても気持ちいいです。
メールアドレスを教えてくださったので、そこにメールすると
折り返し注文書が添付されたお返事が来ました。
そこに数字を書き込むと合計が計算されるエクセルの表です。
プリントアウトしたら、20ページにもなる充実の品揃えです。
もちろん日本と比べたら割高ではありますが、
日本からの送料を考えたら、個人ならもっと高くつきます。当然です。
それに、こんなに気持ちよく応対してくださるなら、
ちょっとぐらい高くても、ついいろいろ注文してしまいます。

数回に渡る、ご丁寧な細かい商品についてのやり取りの後、
当日、私の家から一番近いある日本企業さんの門の横で待ち合わせ。
スタッフの方3名で75ナンバー(パリのナンバー)のバントラックが現れました。

a0091997_23175469.jpg

↑スタッフのお3方。このバンで配達に来てくださいました。
 こんな自然いっぱいの田舎に、こんなにきちんとした日本人のお仕事コスチュームで...
 と、ご本人達も笑っていらっしゃいました。う~ん 確かに、とっても日本!


おせんべいや大福などの和菓子。
ラーメン。うどん。餃子の皮。
京子さんこだわり豆腐や厚揚げ。大根やえのき。
にらは見てから、OKなら購入という選択肢まで設けてくださいました。
今回初お目見えというので、お試しで購入の、
ロンドン経由の薄切りしゃぶしゃぶ用オージービーフや鯵のひらき等の冷凍商品も
冷凍庫から出てきます。
全ての商品をしっかり確認した後、恐縮にも私の車のトランクまで運んでくださって
青山の紀ノ国屋の駐車場を彷彿とさせます。(笑)
15ユーロまでなら現金、それ以上になると、小切手でお支払いです。
「全てお店と同じ価格、配達料を取らない分を、サービスと思っていただければ」
...というのも、うれしい限りです。

オルレアンだけでなく、ジアンなど、
ちょっと離れたところにお住まいの方にもさっそく声をかけ、
このすばらしい企画が取り止めになることなく、
細く長く続くことを祈って止まないのであります。
[PR]
by tchierisu | 2006-10-27 23:50 | フランス生活