タグ:フランス語 ( 2 ) タグの人気記事

去年の初めに、パリのブティックの仕事を辞めてから、
今までの人生で、一番ゆっくり時間の流れる日々を送っている私ですが、
珍しく、先週はちょっと忙しかったでした。
...といっても、東京でのあの生活から比べたら、全く何でもないことなのですが、
久しぶりにたくさんのことをしたので、
なんか1週間なのに3週間くらい時間が経ったように感じます。

前回お送りした、お誕生日会2日目の午後を家族で過ごした後の晩は、
ナタリとフレッドで、オルレアンのパークエキスポで行われている
サロン・ド・ガストロノミに行きました。
前日4人でチーズと一緒に飲んだワインを造っている
ジープ友達のブルグイユのクリストフが毎年出展していて、招待状を一枚送ってくれます。
フレッドのうちにも今年は送ってくれたので、4人で半額払って行くことにしました。
...と言っても、入場料1人2ユーロですけど。


a0091997_8323814.jpg

クリストフと奥さんのサンドリンヌ。
サンドリンヌも、自分の畑で、クリストフとは違うワインを造っています。


a0091997_833836.jpg

ナタリとスタンドを見て回ります。
日本で言うジュンサイ?を見つけました。
こんなのこちらで初めて見ました。
酢漬けになっているようで、サラダなんかに入れるようです。


a0091997_8333380.jpg

バスク地方名物の大きな唐辛子。
でもこの中に詰め物した料理は、唐辛子の味はしても、
次にものすごい辛さが来るぞ!と脳が過去に学習した記憶により、
私の身体を構えさせたものの、全く辛く無くて、
肩透かしを食らった、へんなセンセーションだったのを思い出します。
おいしかったので、また食べたいです。


a0091997_834013.jpg

このかわいい箱には、いろんなミックスのスパイスが入っています。
主にオリーブオイルに入れて、オイルに香りをつけるものの様です。
そのうちのにんにくやハーブやこしょうなんかが入ったのを買いました。
でもオイルに入れずに、ゲランドの粗塩と混ぜました。
お肉の塊の上なんかに食べる時にかけると、香り高くて、おいしいのです。


a0091997_8344718.jpg

パン屋さんが売っているこのお菓子は、まるで羊肉のシシカバブみたいな形です。


a0091997_8351186.jpg

はちみつ屋さんには、本物のみつ蜂がいました。


この日は土曜日のノクチューンで21まで開いていて、
その後からピザ屋なんかに行って夕食でした。




日曜日はフレッドとナタリが来て、ベリベラの敷地の柵つくり。
フレッドはフォックスのママ、ネルラを、
ナタリはオオキミのママ、タミーズを車に連れてきて、
オオキミ一日中興奮しまくりでした。


a0091997_10103997.jpg

なぜタミーズはカメラを向けると、毎回ナタリの後ろに隠れてしまうのでしょう?(笑)
オオキミはママのお尻を嗅いでは、その度ガルルと怒られていました。


a0091997_1011880.jpg

こう見るとオオキミはママよりずいぶん体が大きくなりました。
大きさは違うとはいえ、目の感じやしぐさとか表情が、
オオキミはママにそっくりです。




翌月曜日は、お休みデーでした。
でも朝から冷凍食品屋が来るので、寝坊はできません。
翌日は京子食品の11月締め切りなので、みんなに注文取りの連絡をします。
月曜日に決まってやることは、火曜日が唯一のごみ屋さんが来る日なので、
庭のオオキミのフン拾いです。




9月末からミクシィに招待されて入り、
このオルレアンがあるサントル地方のコミュニティーに参加しました。
そこでお知り合いになった方と、火曜日は初めて会う約束をしていました。
その方も「夕べ興奮して眠れませんでした~」なんて開口一番おっしゃってくださって。(爆)
初めてお目にかかったとは思えないほど、共通の知人達の話で盛り上がったりで、
いつになく、とてもエキサイトした午後を過ごしてしまいました。

そして夜はオーベルニュの友人のブリュノが突然来て泊まる事に。
彼はパリダカなどのラリーに参加する優秀なコ・パイロットのメカニックで、
今年来年はトヨタチームです。
去年はカテゴリー優勝を果たしました。
トヨタの人とパリで会って、前日は日本食レストランに行ったそうです。
そのレストラン、地図を書いてもらってもどうしてもピンと来ません。
しばらくパリを離れている間に、私の断り無く、(笑)
オペラ地区に新しい日本食レストランが出来たようです。
うーん 私としたことが... 
次回しっかりチェック入れなければ...。 

来年のダカールは年末やお正月でなくて、
1月6日ポルトガルのリスボンからのスタート。
その前のノエルから新年の間、4泊ほどブリュノはまたうちに来て、
ばらばら部品の状態で何年も放ってあったジープの組み立てを、
まずはどの部品が足らないかのチェックからしてくれるそうです。
以前はそんなに忙しくなくて、少しずつ組み立てるのを楽しんでいたクマでしたが、
最近黒のピックアップや、ドイツ行ってオートマのラングラーも買ったことだし
忙しくて、組み立てはもう出来ないし..とほとんどあきらめて、
部品のまま売ってしまおうとしていたところでした。
でも、ブリュノが手伝ってくれるなら...と、
徐々にモチベーションが上がってきているようです。
その後部品が揃って、ダカールが終わった後、
ブリュノがまた、今度は2週間くらいうちに来て、組み立てを手伝ってくれる約束です。
それはとっても嬉しいことですが、予定は未定であって決定ではなくて、
いつもころころ変わるので、どうなるでしょうか?
でもブリュノが滞在ということで、2階のお風呂場の工事がにわかに進んできています。
まずはいい効果であります。




火曜日までの締め切りの京子食品の注文ですが、
突然のブリュノの来訪でメールが送れず、
水曜日の朝、ブリュノに朝食を出して、彼が出た後、やっと急いで注文完了。
そしてこの日、またもやミクシィで私にたどり着いてきてくださった方に、
昨日に引き続きまたもや、初めてお目にかかることになりました。
女性お一人で、フランス政府のため、2年間オルレアン勤務なのだそうです。
お仕事の内容を伺っても私にはチンプンカンプン。(笑)
すごいな~ と感動だけです。
その方のすごいところは、フランス語が全くできないのに、
引越しやらお買い物やら電話の手続きやらをこなされていること。
私は、数年前=パリで仕事をする前 までは、オルレアンの日本人の方々に
フランス語をお教えしていました。
日本でも10年以上も家庭教師をしていたので、
今までの人生で一番長い職種が、どうやらフランス語の家庭教師...と言えるようです。
今回もそのすごい女性から頼まれて、久しぶりに再開することになったという訳です。
なんか嬉しい。私、お教えするの好きみたいです。

その方とお目にかかったのは彼女のお昼休み。
その後うちに帰って、15時過ぎからは、毎週水曜日のお楽しみ、
日本時間23時過ぎの『オーラの泉』を、
実家のテレビにスカイプウエヴカムを向けて、見せてもらいます。
他のいろいろな番組も両親に頼むことができますが、
結局これだけは欠かさず見るようになっています。
ゲストの陣内さん、確かに、とっても頭くるくる回りすぎで
一緒にいても疲労が伝わってきそうなもの発してるな~ 
と、私も番組の冒頭から感じていました。
その後は、前日から忙しくてゆっくり話せなかったパリのお友達と長電話。




木曜日は、またお友達と会いました。
東京の日仏に通っていた時の私のクラスメートの、
ニース留学時のクラスメートで、
その後みんなとよく会うようになった、数多いフランス語つながりの友人の1人です。
私が日仏に通い始めたのは、かれこれ16・7年位前?
正確には何年だったか?どなたか教えて。みんなとも長いんだな~。
で、その彼女も素敵なフランス人の今のご主人を見つけて
彼の実家のあるアルデッシュで結婚式。
パリとイギリスの生活を経て、今はタイのバンコクで暮らしています。
今回はご主人の仕事にくっついてパリまで来たと、
先週1年以上ぶりに電話をもらいました。
本当なら私がパリに行かなければいけないところですが、私、何せパリ嫌い。
たとえ今回会えなくても、元気でいればまたいつか会えるし...と思う私ですが、
こんな時じゃないとなかなか会えないから...と
なんと彼女が電車で朝パリから来てくれました!
ぺちゃぺちゃおしゃべりして、お昼に、炊き込みご飯とお味噌汁なんか食して、
時間はあっという間に経ち、パリに戻る電車の時間が気になって、
なんかちっとも話したいこと話せなかった感じです。
知り合ったきっかけの先程出た共通の友人、
私の日仏の、彼女のニースのクラスメートが、
いよいよ今度結婚するというおめでたいビッグニュースもありました。
夜クマにもそれを伝えると、良かった良かったと喜んでいました。
スカイプで、東京の友人のところにコールすると、
そこにたまたま他の友人も遊びに来てて、はからずも4人で話せたし。
グーグルアースでバンコクの住んでいる建物も見せてもらったし。
今度スカイプで、東京とフランスとバンコクで3者通話するのが楽しみです。




金曜日はまたもや早起きでした。
クマがメラノームで今年3月に手術をして、
その後3ヶ月毎の定期健診で皮膚科に通っています。
私もいつもちゃっかり一緒に行って、いろいろ見てもらっています。
何でちゃっかりかと言うと、なかなか予約が取れないからです。
前前回の5月に背中に出来ていたにきびの大きいののようなのが腫れて痛かったのが、
8月にはだいぶひいていましたが、でもこれは袋状になっていて、
放っておくとまた腫れてきてその繰り返しになるから、
次回取ることにしましょう、ということで、
局部麻酔で手術することになっていたのでした。
まずはクマの身体をリンパ腺など、触診してもらって、
ほくろも異常がないかよく診てもらい、なんとも無くてほっとしました。
それから私の番ですが、私をリラックスさせるためにか?
先生がクマにいろいろ話しかけ、クマがそれに応えます。
2人の会話は白熱して来て、
私は先生が手元に集中していないようで気が気でなくて、余計緊張します。
そんな私の様子を見て、「あなたも何か話しさい」なんて言ってくれますが、
麻酔の注射を何度も刺されて、痛くてそんなにリラックスなんて出来ませんよ~。
痛がると、敏感ですね~ なんて言われるし...。
そして切り取って、糸で縫って、大きなばんそうこうを張ってもらって、おしまい。
でも痛み止めも何にも出ません。
案の定午後は麻酔が切れてきて、痛かった。
夜は仰向けになれないので、よく眠れなかったし。




そして土曜日。
朝方は大雨で、外の作業は無し。
ブリュノが来るかも...のモチベで、
2階のお風呂場の水道工事をクマは仕上げます。
午後はちょっと晴れたので、フレッドとフレッドの叔父さんに手伝ってもらって、
ベリベラの柵を完成させます。
2階のお風呂場の方は、一日の終わりに水を開通させると、
以前工事した場所から水漏れ発見。
明日は日曜日でお店はみんなお休みで部品が買えなので、
また来週以降に...ということになりました。




日曜日は晴れたので、私は暖炉用のまきを外からガレージに運ぶ力仕事、
クマは前庭の芝生の水撒きスプリンクラーの設置、
午後はフレッドとナタリのうちに行って、
ベリベラのママたちに虫下しを飲ませるため、
みんなで草原で羊追い。
まあこれが結構大変なのです。
でも何とかうまく行きました。
オスを飼い始めて、生まれた子羊が今4頭。
そのうち2頭はベリベラと同じママからの子で、どことなく似ています。
でも来週業者に売ってしまうそうです。
私はその肉食べれません。
悲しくなるので、あんまり子羊のことは見ないように、考えないようにしています。
みんなそれぞれ違った運命なんだし。




そんなこんなで今日は月曜日。
なんかやっぱりちょっと疲れています。
背中の傷はぴりぴり痛がゆいです。
明日は京子食品の配達で、また日立さんの門の横に取りに行きます。
その後はフランス語の授業...と思っていたら、ご都合が悪いそうで、
木曜か金曜に延期ということで、どうせまたオオキミが汚すので、
掃除機かけだけにとどめ、床の吹き掃除はやめにしました。
その後、先週火曜日にはじめて会った友人にお届けがてらお邪魔して...。
クロスステッチも、クリスマス用なので、ぼちぼちエンジンかかってきました。




ミクシィとブログ始めてから、以前と比べて身辺やっぱりちょっと忙しくなったのは確かです。
でも新しい人との出会いも、ご縁だし、ありがたいこと、
大切にしないと...と思っています。
そういう細く長くが、10年20年続くかけがえのない友情になっていくのですものね。
フランス語をまたお教えできることも、そんなチャンスを与えられて感謝です。
自分に自信が無くなった時に、こういう定期的な活動って、
心のバランス保つのにとっても必要だったりします。



先週に引き続き、またたくさんお誕生日プレゼントいただいちゃったみたいで
幸せ感が広がって、その中で今夜は良く眠れそうです。
あーあ また長くなってしまった...。
[PR]
by tchierisu | 2006-11-28 11:18 | フランス生活

クマが2001年にチュニジアラリーにバイクで参戦した際、
パリのバイクチームでご一緒したのが、
ダカールなどの数々のラリーレイドで輝かしい成績を残している、
日本のラリーバイクライダー第一人者のYOさん。

その後YOさんは、日本ラリー会の次ゼネレーションを担うべく、
砂漠での経験を買われて、スカウトされ、
ライダーからラリーカーのドライバーに転向。
毎年違うチームに移転しながら、好成績を収め、着々とトップポジションを狙い、
ラリーマンとして今後への期待が高まる活躍を続けてくれています。
日本の業界ではかなりのスターらしいのですが、
「クマとチュニジア参戦していた日本人ライダー」と最初に私の頭にインプットされたためと、
YOさん自身がさばさばした気さくな性格なので、
日本から食料品やパソコンをさくさく運ばせたり、キャハキャハ一緒に食べ歩いたり、
奥様共々仲良く、お友達のようにお付き合いさせていただいてしまっております。
なので、ネットでテレビや雑誌のインタビューに登場しているのを知ると、
「お~」と、にわかに叫び、、そのすごさに改めて驚いたりする次第なのであります。

自称、YOさん応援団フランス支部長の我々のところには、
時間ができると時々来てくれます。
以前はパリで数日間一緒に遊んだり、うちにもよく泊まってくれたものでしたが、
最近はだんだんスター振りが忙しくなってきたのか?
さっと来てはさっと帰ってしまうのがちょっと寂しかったりします。
今回も先週の月曜日に続き、昨日の日曜日にささっとやってきました。
昨日はもう一人、香港の中国三菱ラリーアートの御曹司で、
修行のため今年と来年はダカールでメカニックとして参戦する、
「寂しそうにしていた」YUさんも一緒です。

YOさんとクマが2人だけの時は、
いつもクマの拙い英語でコミュニケーションをとっています。
私が混じるとYOさんと日本語で話し、クマに通訳しますが、
今回はフランス語も日本語もできないYUさんもいるので、
なるべく英語で通すのが望ましいです。
私の英語は、「学校教育で全く習わなかった」と言う大義名分をかかげた、
それはそれはひどいものです。
特にフランス語が入ってきて以来、
英語は彼方向こうにすっ飛んで行ってしまいました...とほほ。
最近私の頭の中で浮かぶ言語はフランス語も日本語も同じレベルなのですが、
(フランス語が上達したのではなく、日本語が退化したとお考えいただきたい)
そこに英語が入ってくると、もう支離滅裂。
自分がいったい何語で話しているのかよく分からなくなります。
一生懸命英語で話していて、その後クマに向かって話し掛けると、
クマはちっとも答えてくれない。チンプンカンプンの顔をしている。
気がつけば、クマに日本語で話しかけているのでした。
そんなことがよくあります。
なので、昨日はみんなととっても楽しく過ごしたのですが、
別にスポーツなどして体力使ったわけではないのに、
日頃使わない頭を使ったせいで、どっと疲れた~。


a0091997_1827820.jpg

今回写真をブログに載せるに当たり、スターのYOさんに肖像権について伺いましたところ、
全く問題ない とご本人の許可をいただきましたので、ちょろっとお見せいたします。
せっかく香港からYUさんが来たので、ロワール河の古城めぐりのうち、
一番大きくて有名な、うちから一番近いシャンボール城に
ピクチャータイムだけのためにちょっとだけ寄りました。
そしたら、YOさんも来たことなくて、「そんなに有名なの~?」。
数年前、YOさんが砂漠を走っているすきに、
奥様はうちの両親と一緒にここで観光されてましたよ~。



a0091997_18274180.jpg

クマの会社の忘年会などでよく使う、田舎の一軒家のレストランでお昼。
結構ブログねたになる食事でしたが、
英語・フランス語・日本語の会話と食するのに精一杯で
一切写真は撮れませんでした。


a0091997_18281123.jpg

シャンボールの方まで来たのは、お2人がカーティングで遊びたいとおっしゃったため。
私もカート場なるところは今回が初めてです。
クマもやれば~と言ったけど、どうもカートは好きでないそうです。
重いと進まないからね。
ヘルメットとつなぎを貸してくれます。
ヘルメットは絶対だけど、別につなぎは着なくてもいいのです。
でも、ラリーマンの2人は着慣れていて、きっとこの方が落ち着くのかもね。
写真は香港人YUさん。


a0091997_18284586.jpg

YOさんは神戸のカーティング場に自分のカートも持っているんですって。


a0091997_18292018.jpg

1回8分です。


a0091997_18295331.jpg

1回目は小さい方を借りたので、かなりゆっくりで面白くなかったようです。
そこで2回目はレベルアップ。


a0091997_18305495.jpg

地元の少年達も参加。
かかりのお兄さんが少年達に説明をする間も待ちきれぬ様子の二人。


a0091997_18312443.jpg

うん、今度はさっきよりちょっと速いかも。

a0091997_18315628.jpg

お2人とも満足なご様子。
良かった良かった。

a0091997_1832162.jpg

カート場を後にしたのは16時。
YUさんをパリのオペラに落としてから、
20時の便でソウル経由で関空に帰国するYOさん。
土曜日が祭日だった週末で、日曜の夕方パリに帰る車がいつもより多いと思われます。
間に合ったかしら?
今度は12月に会えるかな?
[PR]
by tchierisu | 2006-11-13 23:37 | モータースポーツ