タグ:パワーストーン ( 1 ) タグの人気記事


オルレアンでも、毎週末、違ったサロンが開かれますが、お気に入りのサロンは毎年欠かさず通っています。
その中の一つが、「Salon international minéraux et fossiles」。
アンモナイトなどの化石などの展示ももちろんありますが、お目当ては、日本でいうパワーストーン。
毎年友人のナタリと連れだって、必ず行っています。
去年は、日本人のお友達のKさんとY嬢も一緒でしたっけ… 時が流れるのが早すぎる…
今回は、フレッドのおじさんの奥さん(歳が私より若いからおばさんとは呼びにくい)クレールも一緒です。
毎年一緒に行きたいのに、なかなかスケジュールが合わず悔しがっていましたが、やっと実現できました。わ~い。

日曜日の午前中で、雨が嵐のように降って、
私も気分があまり優れなかったのですが、がんばって出かけて、中に入って彼女たちを探します。
探して、みつけて、5分と経つうちに、なんだか気分が良くなってきたのは、
パワーストーンに囲まれて、そのエネルギーのお陰でしょうか?

去年は羊を続けざまに亡くして、悲しみにくれていた時期だったので、悲しいことを慰めてくれるような石が必要でした。
もっと以前には、クマの病気に効くものなど、本で効能を探してはその石を求めたりもしていました。
でも、その時、すてき! と思える石のパワーが、今の自分が求めているものなのだと言うのを信じて、
今回も色々じっくり見ながら、会場内をまわります。

今年はなぜか漠然と、赤い色のものが欲しかったのでした。
でもそんなに大きくない会場を何周かするうちに、毎回その前で目にとまって気になってしまう石がありました。
2人の友人も、美しいと言ってくれます。
あまり良く考えないで、ちょっとお高いですが、買うことにしました。

それから赤いものが欲しかったので、赤いのも。

そして、連れて帰ってきたのが、この子たちです。


a0091997_2314996.jpg

DENTRITE と CORNALINE。
フランス語で教わった名前と、日本での名前がいつも微妙に違うので、後でネットで調べる時に苦労します。
フランス語の本ももっていますが、難しいので、やっぱり日本語の説明を求めてネット徘徊してしまいます。

日本での名前は、透き通っている方が、デンドリティック・クオーツ。
赤い方が、お馴染の カーネリアン です。


a0091997_2361624.jpg


パワーストーンの意味専門のサイト内、デンドリティック・クオーツのページより抜粋。


「デンドリティック・クオーツ
水晶の中に、樹枝状のインクルージョン。
独特の模様が、風景画を見るように美しい石です。

マンガン分が水溶液の形で水晶結晶の亀裂中に浸透して、その後再結晶し、美しい黒色の樹枝状模様のインクルージョンが生まれます。

偉大なる自然や大地を保護するパワーをもつとされる石で、肉体や感情、精神のバランスを保ち浄化と再生を行い自己をより高度なものに導く力があるとされます。

良質のデンドリチッククォーツは、ブラジルの一部からしか産出されず、非常に希少とされています。 」

描かれた樹木のような模様が繊細で、ほんとうに美しいので、一目ぼれでした。

今の自分に本当に満足で、幸福に暮せていることに感謝している今日この頃。
折しも、感動して観終えた去年の大河ドラマの「篤姫」ですが、
彼女が、波乱に満ちた人生を終えたのが、私と同い年だったのかと思うと、
今、この幸せに浸っているだけででいいのか? もっとこの幸せを還元して自分にできることはないのか?
何か、人生の最期に、やり残さなければいけないのではないか? と、
自問自答し、少々焦っている日々でもありました。

その後、自分のできることを、無理のない範囲でやるように、と最近になって気がつきはじめて、
それは、もしかしたら、たとえば、ごみの量を減らすとか、分別をもっとしっかりするとか、
車のエンジンをまめに切るとか、などというレベルかもしれません。
でも、なんかとっても地球のこと、宇宙のパワーなんてことを考えていました。
他にも、人間関係のこと、などなど…
今まで、ものごごろついてからずーっとしてきたいつもの自分の行動パターンを、改めようと思っていました。
時にその習慣の打壊は、とっても難しくあります。
思いはすれど、本当にするのは無理なのかも・・・

そんな私の漠然とした思いを、具体的なアクションに変換してくれるのを助けてくれそうな、まさにこの石の説明だったので、驚きました。

しつこくもう一度コピペ。笑
「偉大なる自然や大地を保護するパワーをもつとされる石で、肉体や感情、精神のバランスを保ち浄化と再生を行い自己をより高度なものに導く力があるとされます。」

東京を離れて、こんな田舎で動物たちに囲まれて、土と向かい合っているような暮らしが、
私のアンバランスだった精神を、正常に治してくれたとも思うし、
身体も精神も感情も、新しく生まれ変わらせてくれたと感じます。
お礼に、何かしなければ!
それが何だかよくわかりませんが、この石を身につけて、考えてみようと思います。


そしてもう一つのカーネリアンは、そんな漠然とした思いを持つ私の背中を押ししてくれるのに役立ちそうです。

「カーネリアンは、これから何かを始めようとする人やエネルギー不足を感じている人におススメの石です。
臆病な気持ちを退け、力強さと勇気を与え、目標の達成や成功に導いてくれるといわれています。
新しいことを始めようとする時の"迷いの心"を振り切り、積極性を高めてくれますので、
転職を考えている人や新規に事業を立てようとしている人の背中をそっと後押ししてくれるでしょう。
また、カーネリアンの持つ明るいバイブレーションは、持ち主のモチベーションや好奇心を向上させ、目標に向かうためのエネルギーを高めていきます。
思考力や判断力を高め、真実を見分けて、自分自身が持つ能力を十分に発揮できるように導いてくれるでしょう。
向上心を引き出し、集中力を高めてくれますので、就職や試験で自分の能力を発揮したい人はアクセサリーとして身につけることをお勧めします。
また、与えられた仕事や役職も成功に導く力があり、あざやかな『赤色』で、勝利を手に入れる石ともされています。
さらに、友人や恋人など大切な人との絆をより深く強めるパワーをもちます。
イライラした感情を鎮め、感情をコントロールし、まわりの人々との関係を平穏にしてくれるでしょう。」


このサイトからの抜粋ですが、石の歴史なども興味深いです。


連れてきたカーネリアンを身につけると、なんか最近パワー不足を感じていたのが、急に元気にいろいろできる、明るい気持ちが心に宿りました。

やっぱり、その時 これ! と思った石が、今の自分にピッタリのものなのだということを、今回も確認できて、とっても爽やかな気分になれました。

おうちに連れて帰ってきた子たち、以前からうちにいた子たちと共に、
翌日の午前中ちょうど日が射してきたので、数時間だけ日光浴させてあげました。
初めて私のもとに来たら、こうして浄化してあげないといけないのです。
日光浴させて良い石とだめな石があるので要注意です。
他に月光浴や、水やお香での浄化など、いろいろ方法があります。


a0091997_333586.jpg

今は冬なので、日の光も弱めなので、みんなで「はじめまして」ということで、仲良くしてもらいました。


ナタリのご主人、フレッドが、先日肺をスキャン検査したところ、影がいくつも見えて、とっても心配していました。
パリの専門の医師による診察の予約が、フランスでは珍しく、コネで、翌日すぐとれて、とりあえず癌ではないと分かり、みんなで涙してホッとしました。
でもこれから、薬で長い治療をしていかないといけません。
私は本の中から、肺の病気に良いという石を調べてナタリに教えました。
ナタリも会場で、お店の人に肺に良いものを教わって、私が教えた石と一緒に買って、フレッドに持たせると言っていました。

こんなことを信じる私たちっておかしいかもしれないですが、私はこの綺麗な石たちのエネルギーを、いつも信じているのでした。

[PR]
by tchierisu | 2009-01-20 03:44 | 自然