タグ:スキー ( 1 ) タグの人気記事


フランス中を3つのゾーンに分けて、1週間づつの時間差で、現在2週間づつの冬のバカンス真っ最中。
一番最初に始まった、クマの娘は、もう昨日から学校ですが、
パリの人達は今2週目、オルレアンの人達は始まったところです。
先週の金曜日、11時過ぎに中学校から出てくる甥っ子をピックアップして、アルプスに連れて行きました。
クマの娘は、2週間も前に、まずはお友達ご家族と他のゲレンデ、
そして2週目の先週は、そのボーイフレンドと、今度はパピマミと、
アルベールビルの近く、バルモレルにくっついている、DOUCYという小さな村のアパートにいます。
日曜日には、娘とBFを連れてオルレアンに帰って、電車に乗せますが、
甥っ子はパピマミとあと1週間残るということです。
毎年のこととはいえ、スキーをしないマミは、ちょっと退屈で気の毒。
でも後数回でこの役目も終わりでしょうね。
子供たちはいつの日か、大きくなっていきます。

このDOUCYは、クマの娘が小さい時から、同じアパートをレンタルしていて、
毎年孫を連れて滞在のパピは、そこらじゅうもう顔なじみ。
初めて行く私は、以前から小さいながら良いスキー場だと聞いていたので、楽しみです。





a0091997_2356546.jpg

渋滞が怖かったので、お昼前にはオルレアンを出て、とっととアルプスに向かいました。
大移動は、アパートのレンタルチェンジデーの土曜日と相場が決まっているのか、
金曜日のこの日は意外とスムーズ。
600キロちょっとの距離を、休憩入れながらでも6時間ちょっとで着いたので、まあまあです。
山が見えてきてワクワクです。
山に行くのは、なんと1年半前の、夏山のトレッキング以来だ~!


クマと私は、狭いアパートには泊まれないので、30分走る、谷間の温泉町のホテルに2泊です。
まあシーズンだからしょうがないのでしょうけど、高いですね~。
せっかく温泉のSPAがあるのに、ホテル利用客は16時半方から19時までしか利用できません。
何たること。
まあ朝食とって寝るだけということで…
ホテルに荷物をおいて、DOUCYに上がっていきます。



a0091997_003333.jpg

アパートの中庭。クリスマスツリーみたいにキラキラぴかぴかがついていました。
アパートの窓からは、谷のホテルでは見えない、アルプス4000メートル級の山並みがばっちり見えます。
窓から正面には、グランカスがよく見えました。
数年前、あのふもとまで、フランス人鳥類学者と、日本から室堂のライチョウ専門家のお客さまを、観察にお連れした仕事は、いい思い出であります。

アパートの下のスポーツ店で、翌日のレンタルスキーを予約。
自分のスキーブーツを持って行って、小さい声で体重を告げます。



a0091997_0122691.jpg

アパートすぐ横のレストランで食事。ピンボケですみません。




a0091997_0141588.jpg

お店の中が、山風で、とってもかわいいのです! 大好きです~。 あ~ 山で暮らしたいです~。




a0091997_0154382.jpg

1色刺しのステッチのモチベーションが上がるよね~。




a0091997_0163967.jpg

私が食べた、一人フォンデュ。
私のは、ボーフォール チーズ。 クマのは、ロブロション チーズ。
ふたつとも明らかに味が違ってて、それぞれで、味わい深かったです。
同じ名前のチーズはオルレアンでも売っていますが、やっぱり全く違います。山に来た醍醐味だな~。




a0091997_021438.jpg

翌日の土曜日は、快晴。 風もなくて、スキー日和! 日ごろの行いがいいのかしら?
さっきも書いたように、土曜日は人々のチェンジ日で、朝のうちはゲレンデが空いています。
朝の9時からリフトが動くので、私は6時半には起きて朝食とって上がってきました。
山だと元気だな~。


ゲレンデのあっちの方からチョッカリ(直滑降)で来ないと、ここまで上がってこれません。
私、実はスキーがあまり好きではありません。。。 というか、スピード怖いです。
怖いので、より一層ブレーキかけるので、人一倍足が疲れ、より一層皆を待たせることになります。
コブももちろん大嫌いです。
でも飛んだり跳ねたりが好きなクマやその娘たちは、もっとガンガン滑ってもらいましょう。
私のは、というと、ここに来た目的、スパイスとお砂糖の入った暖かい赤ワイン VIN CHAUDを
景色のいいテラスでいただくということ、
ただそのためだけ、私ははるばるアルプスまでやってきたのです。なんて・・・



a0091997_0322861.jpg

遠くの山が美くし~~~。



a0091997_034513.jpg

反対側には、ホテルやDOUCYからは拝めなかった、私のモンブランが燦然と輝いています。
(これこれ、所有するでない!)
フランスのスキー場がある方からは、イタリア側のモンブランを見ることになります。
シャモニは反対側。もっと右の方はスイスです。




今回怖かったのは、あまり経験のない、テレスキーを使うこと。
椅子に腰掛けるリフトじゃなくて、丸い板がついている棒をビヨーンと引っ張って、
おしりの下にはさんで、スキー板は地面を滑らせながら引っ張ってもらうアレです。
日本で1回だけかな~? それからこっちでも1回くらいしか使ったことがなくて、緊張です。
こちらではちょっと上がるのはすべてこれで、小さなまだストックを使わない子供たちのレッスンはいつもこれを使うので、みんな慣れっこ。
でも私は何かへまして転びそう。
転んだらみんなの横を滑り降りて、また下から乗りなおさないといけないなんて、恥ずかし~。
それが2つ、ひとつは5分位の長い距離あるというのです。途中、ちょっとカーブもするというし…ひえ~。
前の子供たちがどうやって使っているかをよく観察して、私も頑張りました。
なんとかお尻にはさめて、最初の急激な引っ張りにも対処できて、転ばないですみました。
途中円盤がお尻から取れそうで怖かったけど、なんとか無事にクリア。緊張しました~。汗

あまりの緊張に、写真を撮り忘れました。

テレスキーも無事制覇して、元気いっぱい。
元気でないと、まずは、スキー場まですら来れないし、もちろんスキーも滑れない。
健康で、事故をした身体なのに、またスキーができて、こんな美しい景色を眺められて…




a0091997_033640.jpg

おいしくいただく VIN CHAUD!
ありがたいことだと感動もひとしお、お味は、格別なのでありました。






a0091997_0483438.jpg

ゆっくり滑るパピと私。待ち合わせはレストランです。
パピはレストランを間違えて、みんながこっちのレストランに来てくれます。
リフトで4人が上がって来るよ~!




a0091997_050107.jpg

こんなお昼。




a0091997_0503938.jpg

アルプスの植物、ジェネピから採ったアルコールが、強い食後酒として有名ですが、
その香り付きのこのモンブランビールが、私は好きです。 瓶がかわいいでしょ? ちょっと甘いのですよ。
あ~ シヤワセ シヤワセ。





a0091997_053173.jpg

午後になると、人が増えてまいりました。 足もつらくなってまいります。
そしてすぐに休憩。ははは






a0091997_0543436.jpg

あっちのお山はイタリアだな~。 
その向こうには、私が1年半前に歩いて登ったグランサンベルナール峠があるな~。
山は滑るより見るのが好きな私です。


本当はラケット=がんじき? をはいて、森の中の雪の上を歩くのに参加したいのですが、今回は時間がありません。
残念だな~。

土曜日、たった一日滑っただけでしたが、なんか1週間ぐらいヴァカンスだったような、とっても集中した週末でした。
いまも身体中が筋肉痛だけど、山からもらったエネルギーで、すこぶる元気いっぱい。
シャモニで仕事をしていた時の自分に戻った感じです。
パソコンに向かうとそのエネルギーがどんどん吸い取られてしまう感じですが、まだかろうじて大丈夫。
おかげで今朝は朝一番で、ジムのクラスにも参加してしまいました。事故後初めてのクラス参加です。
その後いつもの90分のマシン3種もやったので、ちょっとお疲れだけど、でもなんかとっても爽快です。
すばらし~~~!


私にはやっぱり山が必要です~。 VIN CHAUD と GENEPY 付きでね。 

[PR]
by tchierisu | 2009-02-24 01:05 | フランス生活