<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Merci Merci Merci 第2弾!


先日のトケイソウさんからの、素敵なピンキーパーに気をよくしていた、たった2・3日後、
なんと、またもやクマが郵便受けから日本からの郵送物を持って帰ってきました。
ちょうど日本から届くはずのものがなかなか届かなくて、やっと来たかと思って見たら、
違います。
差出人を見ると、なんと、いつもこちらにコメントもくださる、Yohkoさんからです!

急いでかわいいパッケージを開けて、出てきたものは…


a0091997_1038062.jpg


きゃ~ すてき~。
彼女のミクシイ日記で、製作途中だったり、完成した時の記事は読んで、
プレゼントされるというのは知っていましたが、まさか私にだったとは…

これには訳があって、今年2月に、お友達のフランス人のお義母さんが、
パッチワーク用の生地を手染めされて売っているお店を始められて、
それをオルレアンのサロンに訪ねて、
思わずその色の美しさにいくつか買ったのですが、
どう考えても、私がパッチワークする予定はまだまだなく、宝の持ち腐れとなってしまうので、
Yohkoさんに使っていただこうと、無理やりお送りして、受け取っていただいたのです。
パッチワークやキルトをされるお仲間に分けていただいたりして、
何かの作品づくりで使っていただいた方が、
私のうちなんかにいるより、生地たちも冥利に尽きるというものです。

そうしたら、この度、その一部を使って、
こんな複雑なお仕立てで、こんな素敵なポーチに変身させてくださいました~♪

私が選んだ生地だけあって、私の好きな色ばかりだったのですが、
中でも紫は私色。

中に入れてくださった、バラの刺繍とレース付きピンクのタオルまで、私のツボです。


a0091997_1046061.jpg

濃い紫色の上に刺している糸はラメです。


a0091997_1047169.jpg

中もこんなかわいいお花の生地です。
チャックの蝶番部分が一番難しかったと、ご本人も書いていらっしゃいました。
器用なYohkoさんがそうおっしゃるんですから、相当難しいんでしょうね~。


a0091997_1048437.jpg

私が特に好きなのは、底の部分。
美しいステッチです。
手染めのむら染めの様子が生きています。


お化粧ポーチなんかにして、汚れては大変。
当分はインテリアとして、いつも近くに置いて眺めさせていただきます。

私が勝手に送った布たちなのに、こんなにしていただいて、
Yohkoさん、本当にありがとうございます。

今年のクリスマスは、私は本当に皆さんにとても良くしていただいて、
ほんとうにしあわせ者であります。 


余談ですが、
この手染めをされているキルトカラーさんは、
この度刺しゅう用の、リネンとアイーダもむら染めを始められたそうです。
私はまだ実物を拝見していませんが、今からどんなのか楽しみにしています。

[PR]
by tchierisu | 2008-12-23 11:03 | 手芸

 
私はミッドナイトステッチャーです。
夜刺し始めて、クマが寝て、
いつの間にか「もうこんな時間、寝なきゃ!」ということがしばしば。
それは、時計が目に入ってこないことが原因と前から分かっていました。
チクチクの近くに4月に日本で見つけた、キーホルダーの小さな懐中時計を置いていますが、
ふたが付いていて、いちいち手にとったり、開いたりなんてして、時間なんか見れません。
見るくらいならふりむいて、キッチンの大きいのを見ればいいんです。
でもそっちの方は暗くなっているし、何といっても、チクチク時は眼鏡を外して裸眼なので、
どんなに大きいとはいえ、遠くの壁の時計の針は眼鏡をかけ直さないと見えないのです。

そこで少し前から考えていたのが、時報を告げる時計。
昔、祖母の家には、振子時計があって、時報をその数で知らせ、
30分の時には1回鳴っていました。
あれが欲しい。
でも、よく上品なお宅に行くと、遠くのサロンから、素敵な音色が流れてきたりもしていました。
そう、ここはヨーロッパ。
そういう代物の方がきっとたくさん売られていて、簡単に見つけられるに違いない。

置時計や壁掛け時計なんか、いくつもたくさん持つものではないし、
せいぜいいろんなお店を見て回って、よくよく迷った揚句、
これ!という納得の一つが欲しかったので、その日は視察のつもりでした。
一番近いオリベという町の中心の時計屋さんに、ちなみにクマと入ってみました。
よく腕時計の電池替えの修理に来ていましたが、そんな時計を探すのは初めてです。

時報を告げる時計はどれですか? と聞くと、置時計タイプ、掛け時計タイプと色々。
私のお気に入りは、ちょっとお花などがあしらってあったりして、かわいいもの、
陶器のものなんかもいいですがお高いし、鳴るものが無かったです。
そのお店は小さめなので、もっとオルレアンの他の店も見てみたかったし、急ぎでもないのだから
大体価格帯がわかったので、私はもう出ようと思ったのですが、
クマはせっかちというか、迷うとかそういうのがダメなんですね~。
私がお店の人の気分を害さないようにとても気に入ったように表現したのを真に受けて、
私がその中ではあえて言うならまあまあお気に入りかな?
程度のものを、あれよあれよと 買ってしまいました~。

おうちに持って帰って、まあこういうものはご縁だから… と、ほんとはもっといいもので、
かわいい感じのか欲しかったけど…
こうして置くといい感じだし…
となんとか自分を納得させて… 夜…。
なんと、10時の時報が鳴ると、その後鳴りません!
確か11時から朝の5時45分までは鳴らないように調節できると言っていた親父さん。
それは他の時計だったのか…?
説明書をよく読んでも、うちに来た子は、調節不可能で、その間は鳴らないのです。
もしかしてクマはそれをよく知っていて、自分の安眠のために、
これを選んで買ったのではないか? 疑惑まで私の頭には浮上しました。笑

私が必要なのは、夜中の12時とか1時が知りたかったので、
一時はもう本当にがっかり。
その様子を見てクマは謝ってくれました。
でもご縁だし、せっかく買ってもらったので、返すのもな~。
気に入るようにしています。
音が大きくて、クマに悪いので、音が出るところに、ティッシュを厚くしたのを置いて、消音しています。


a0091997_10292164.jpg

こういうガラスのグローブに入ったのは大昔からちょっと憧れでした。
でも、東京の自分のライフスタイルに全く合いませんでした。
でも今はピッタリ。
金色のピカピカしたのがクルクル下でゆっくり回るのも、
チクチクする時、視界の一部に入ってきて、気持ちいいです。
音は、ウエストミンスターなので、ちょっと小学校の鐘のようですけどね。


時計屋さんには、甥っ子も一緒に行ったのですが、
パソコンに時報を鳴らすガジェットをダウンロードできるよ と言われ、
すぐに探してそれをダウンロード。
それは昔のおばあちゃんちの振子時計と同じで、
時報の数と、30分ごとに1回づつも鳴ってくれます。
時々ストレス時に、パソコンでゲームなんかやってしまって、
後で夜更かしした弱い自分を後悔することがあります。
私がお気に入りなのは、チュズルというゲームなんですが、イヤホンをして周りに音が出ないようにして、
自分だけは大きな音でガンガンやっています。
ゲームをしている時も画面右下の時計は消えてしまって、時間がわからずよくなかったのですが、
このダウンロードしたボンボン時計の音は、ゲームをしていても聞こえてくるのが、素晴らしいです。

チクチクの夜更かし防止にも、もっぱらパソコンの方を使っています。
私が寝る時パソコンは切るのですが、寝ないと鳴り続けるので、
隣の部屋のクマが起きちゃうかも~、と思うと、私ももうはやく寝よう となって、いい効果です。
買った時計は夜中鳴らなくて正解だったのかも。
最初の朝は6時から鳴り始めて、その新しい音で目が覚めましたが、
今はもうどんなに鳴っても私には聞こえないですね~。

その後、オルレアンの町の他の時計屋さんで、いろいろ情報は集めていますが、
欲しい振子時計を見つけましたが、今キッチンにかけているのはお気に入りで変えたくないし、
そうなると掛けるいい場所がない、お値段も倍以上したりするし… です。
いつの日かよっぽど欲しいものが見つかるまでは、
今回ご縁あって、買ってもらったこれを使うことにします。

クリスマスプレゼントには、これがちょうどよかったです。

[PR]
by tchierisu | 2008-12-23 10:27 | フランス生活


a0091997_843578.jpg


もう明後日が、レヴェイヨン=24日のイブですね。
パピマミのうちに行って、夜の食事をしますが、
その後、家族みんなに例の如くプレゼントをサパン=ツリーの下の並べるので、
今日はパッケージングをがんばりました。
フランスのお店は、あまりプレゼント用に包んでくれるところが少ないので、
自分でやることが多いのです。

前の土曜日にクリスマスツリー用のサパンを植木屋さんに買いに行って、先週飾り付けしました。
その時一緒に、欲しかったポエンセチアも買ってきました。
そしたらお土産に、ヒヤシンスもプレゼントしてくれて、
最初は何色かわからなかったのに、今は開いてきて、
大好きなピンク色のが、強い香りを出してくれて、うれしいです。
ヒヤシンスの香りが好きです。

それから、2年ぶりに他の飾りつけも出してきて、賑やかにしました。
去年は父が倒れて、母がパリオペラに来れなくなったため、
ひとりでパリに泊まってオペラ鑑賞したりで、気分的に全く乗らなかったのでした。

それからこの週末に、クマに頼んで、
この度新たな刺繍の額装を、暖炉の上にかけてもらいました。
今までの暖炉上の大きな額はテレビの横に…
1月中旬過ぎたら元に戻すので、大きな額の大きさから、釘打つ場所がはみ出ないようにしました。

サパンが本物だと、いい匂いを放ちますが、お水をやり続けないといけません。
そして、葉が落ち続けるので、そばに掃除機が置きっぱなしになってしまって、
ひどい写真ですね~。
お~ 恥ずかしい!
でも、飾り付けが嬉しいので、全体像公開。

a0091997_894174.jpg


まだまだお片付けしなきゃですね。

a0091997_813534.jpg

暖炉の上はこんな感じ。
コントワールファミーユのリースの下に額を並べました。
額がこう並ぶと、にわかに重厚で格調高い、いい感じ。←自画自賛の自己満足!
ちょっと並べ方が詰め過ぎな感じですが、それはわざと。
来年は空白の場所にもっと他の作品を増やすぞ!と、モチベーションを上げるため!
計画だけはあるんですけどね。
さていつのノエルになりますやら。


a0091997_819049.jpg

サパンの横には、CRECHE=イエズス様が生まれた厩です。
数年前に色が変わる電気キラキラが気に入って買ったもの。
25日の0時を過ぎたら、イエズス様を置きます。


a0091997_8245565.jpg

つららのように光る電飾なんかも室内側につけちゃいました。
サパンにも、電飾2種類。
外の塀の上にも、電飾がついて、まるでラブホテルみたい?
いえいえ、慣れてくると、写真ではよく見えませんが、ちょっとパステル調の色合いが、かわいく見えてくるのです。
よそのお家よりも控え目なのよ。



a0091997_8285988.jpg

庭のサパンにも電飾をつけました。
クマの本来の職業は電気屋さんですから、お手のものです。
夕方17時半から夜中の12時半まで自動タイマーで点いています。
オオキミにおしっこをかけられることも考えて、かんじんの部分は、ビニールで防備しています。

私、ピカピカが大好きです。
自分でピカピカのパターンとリズムのモードを変えられるので、いろいろやって楽しみます。
部屋の中からふと外を見て、飽きずに数分間見続けてしまいます。
きのうは冬至だったので、ユズはないですが、せめてバスタブにお湯をためて入りました。
お風呂場を真っ暗にして、外の電飾を眺めて、いい気分でした。
クマにも冬至なんだからと言って、無理やり入ってもらいました。

右の小さい方は、数年前部屋に飾っていたのを、植えて置いて根がついたものです。
なるべく後で生き続けてくれる品種を選んで連れて来るのですが、
3分の1くらいが生き残って大きくなってくれています。

a0091997_853466.jpg

食器棚の間のスペースにも、桜の電飾を。
2年前から欲しかったもので、やっと10月パリでゲットできました。
日本人には、まるでお雛様みたいですが、電気ピカピカはやっぱりノエルなのです。
おととしのLILI POINTの作品の額装は、白樺の木でクマの手作りですが、
本体との合体は、木がしなって難しく、こうして置いておくだけになって、
残念ながら、暖炉の上には飾れません。
でもやっぱりお気に入りで、こうして置いておくのもいいものです。

手前のバラ、なんともノエルらしい色合いと風貌ですね。
いちばん外側の花びら、緑色混じって、ポエンセチアみたいです。
こんなバラはじめて見ました。
最近ちょっとお疲れなことがあって、そんな私を元気づけるために、
土曜日クマが買ってきてくれたもの!!!!!
ヒヤシンスに香りは負けていますが、ものすごくうれしくて、ありがとうなのです。
おかげで、元気出て、今日はこうしてまとめてブログ記事アップできました。


デコも仕上がり、いよいよノエルの本番です。
24日はパピマミのうちでレヴェイヨン。
本当は夜中の12時から始めるのですが、誰もそんな疲れることをしたくないので、
20時くらいの普通の時間に始めて、12時前には終えてしまいそうです。
マミはかわいそうに、また教会のミサには行けないのですね。
誰かが連れて行かなければならないし、ミサが終わるまで待つのはみんな嫌がるし…

25日の昼間は、例外的にクマと二人でゆっくり過ごせます。
クマの妹夫婦がパピマミを招待して、私たちは呼ばれていないので…(良かった。。。)
でも、25日のお昼が大切なフランス人にしたら、大事件で、
クマの会社の人から、それではうちにいらしたら?なんて言われて、お断りするのが大変…。笑
でも夜にはクマの娘がやってきて、パピマミもうちに来て、うちでDINER。

26日27日は、28日に東京から2人友人が泊まりに来るのをパリに迎えに行くので、
その最終準備。
2階のバスタブにシャワーを付けたり、寝具を整えたり…
クマの娘は、私の友人を待たずに、28日の夕方の電車でうちに帰るそうです。
31日にはじめて彼女のうちで開く、たくさん友人を呼ぶパーティーの支度にウキウキです。
29日はクマは普通の月曜で働くので、私はお友達を、
オルレアンの町や、近くのワインカーヴや、羊やヤギのチーズ農園に連れて行く予定です。
そしてAUCHANなんかに買い物に行って、夜はパピマミに来てもらって、DINER。
友人たちは、今年4月、パピマミが東京に行った際に、
秋葉原を案内してもらったり、一緒に食事をしているので、
お互い再会を楽しみにしているのです。
友人たちは3泊して、31日にパリに戻っていきます。
そして31日のサンシルベストゥル、レヴェイヨン=ニューイヤーイヴは、
友人同士で楽しむもの。
パピマミも毎年30日には友人宅に旅立って、31日から1日にかけては、
朝の5時まで踊り続けます。元気です!
私たちは、いつもナタリとフレッドのうちなので、
今年は彼らのうちに誰も来ないというので、2人にうちに来てもらって、
我が家でカウントダウンです。

まあ、ざっとお話ししただけでも、飲んで食べてが続きます。
うちで食べる機会が今回は多いので、
アペリティフとそのおつまみ、
すでにエスカルゴ15人前は注文済み、生ガキや海老・貝の類、
シャンペンやワイン、フォアグラやチーズ、
メインの詰め物した七面鳥とか、牛肉とか、しっかりメニューを考えて準備しないといけません。
大したことはせずに基本に忠実にやるだけなのですが、私には、まさに1大イベントなのであります。

日本からの友人たちは時差で朝早くに目が覚めて行動を開始するので、
私もそれに付いて行けるように、早寝早起きを今から練習しなくっちゃ!

ノエルの飾りつけも、ちょっと上品さには欠けるけど、気に入ったようにできたので、
これからメインの10日間、楽しんで、がんばりま~す!

[PR]
by tchierisu | 2008-12-23 09:31 | フランス生活


a0091997_6522249.jpg

ⓒHeaven and Earth Designs
"Mistress Mary" Scott Gustafson 2005
Toile : DMC etamin 25ct Blanc
files: DMC 1fil 1brin


最近はブログの更新がなぜかとっても面倒に感じて、アップが遅れていました。
なので、これは先週に出来上がっていたものです。
とは言え、前回の4.5枚目完成から、ものすごく時間がかかってしまいました。
暗い939番のバックのべた刺しに嫌気がさして、ずいぶん刺さない時期が続いてしまったせいです。
ベタではない部分を先に仕上げて、残るのはベタばかりとなった時に、
ベタ刺し1列刺すタイムを測ったところ、3ページ分横にぶっ通しを行って帰ってきて、
30分かかることがわかりました。
その時点であと20列あったので、ということはあと10時間かかるということ…
急にやる気がなくなっちゃいました。
変な計算するもんじゃないですね。

a0091997_6551869.jpg

↑ これが、ベタ刺しに入るちょっと前の状態。
完成写真を見ても、この葉っぱの形はあまり分からないですよね。
それを予想し、この苦労を残しておこうと、自己満足のために写真を撮っておきました。
あまりにバックの色が他の部分とそっくり、変える必要あるのかい… ですよね。

最近はお日さまが出ない日が多くて、暗くしか撮れませんが、
いつか大きく全体を見たら、ここの濃い色が締まって、全体が生えることを祈ります。
暗い世界が苦しかったけど、今年中になんとかやっと、一番下の段を終えることができて、
うれしい~~~~!!!!!

といっても、この段は一番下だったので、フルページじゃなくて、面積小さいんですけどね~。


実は… つづく…
[PR]
by tchierisu | 2008-12-23 07:14 | クロスステッチ


一昨年ミクシイイベントに参加した2つ目の作品を、
この度新たに額装しました。
クリスマスシーズンなので、ここに発表!

a0091997_5433849.jpg



『OH,HOLY NIGHT』、フランス販売向け表紙には『La Creche』
2004 PATTI  CONNOR 
指定糸 THE GENTLE ART と WEEKS DYE WORKS
モチーフ部出来上がり寸法 およそ10センチ四方


ブログ書き手抜きで、以下は当時の自分の文章のアレンジです。

「DMC主流のこちらの店頭では指定糸を見つけられず、
段染めのWEEKS DYE WORKS 2色だけをネットで購入。
でも届いたものは、写真とは似ても似付かぬ色で、
1251は布の色に対して薄すぎるし、1316は段染めが分からず1色みたい。
結局DMC の段染めをいくつか試してこの派手な赤にしました。
派手になりついでで、金糸も使ってキラキラさせて、
貧しい厩が、セレブな厩になってしまいました。

a0091997_61423.jpg


どこを切っても金太郎の飴みたいな人物と動物に一目ぼれ。
金太郎飴の穴が小さくて刺繍針では縫い付けられませんでした。
縫い付ける糸の色を人物の色に合わせてこだわって探しました。
本当は25日の真夜中過ぎにイエズス様をくっつけなければいけないので、
マジックテープで毎年取り外しできるようにしたいのですが、
小さ過ぎてなくしそうなので、とりあえず縫っちゃいました。」


この度、額屋さんのセール期間だったので、
今まで放っておいたのを引っ張り出して、アイロンかけて額装に出しました。
写真ではみにくいですが、ゴールドにちょっと赤が入っている額がいい感じなのです。

クリスマスの額装も、年々増えて、飾りつけも楽しみになってきました~。
こうなると、もっといろいろ刺して、並べたくなるというものですね。

[PR]
by tchierisu | 2008-12-23 06:04 | クロスステッチ

Merci Merci Merci 第1弾!


ご本を紹介した、内堀久美子さんのように、
ミクシイやブログで知り合い、
まだお目にかかったことのないステッチャーさんの存在は私にとって本当に貴重です。
私の知らないたくさんのことを教えていただけるし、
完成品や、やりかけの作品を拝見する度に、いつも元気をいただきます。

今年に入ってお知り合いになった、東京にお住まいのトケイソウさん。
ステッチ歴の長い、尊敬するステッチャーさんのお一人です。
お話を伺うと、私が最後に東京人だった時と同じ区にお住まいのご様子。
まだあまりお話をしていないので、少しづつ交流を深めていきたいな~と思っていました。

なのに、なのに、驚いたことに、
こんな素敵なカドードゥノエルを送ってくださいました~!

a0091997_0413412.jpg


いつもフランス人のステッチャーブロガーさんが、アメリカのお友達と交換している、
私にはあこがれのピンキーパーです!
ピンキープとも呼ぶみたいですね。
実物を初めて身近で見ました~!
小さな図案をササッと刺して、こんな素敵にお仕立てして、
他の方に贈られるなんて、素晴らしいです。
太っ腹です。笑
私もにわかに作りたくなりましたが、プレゼントすることができるかしら…

こちらではノエルの飾りつけは12月に入って早々から、
お正月だからといって変えることなく、1月中旬以降までそのままにしておくので、
このかわいいトナカイちゃんも、毎年この時期、ノエルに花を添えて、
長いこと活躍してくれることになります。

トケイソウさん、本当にありがとうございました!

[PR]
by tchierisu | 2008-12-20 00:48 | クロスステッチ

a0091997_2357245.jpg

『かわいい刺しゅうのモチーフ』 内堀久美子著
成美堂出版 定価:本体950円+税

ISBN978-4-415-30492-2
C2077 950E


ブログとミクシイを始めて2年以上になりますが、
ご縁あって、こちらで出会った皆さまには、
本当にいつもたくさん刺激をいただいています。

私の実家の近くにお住まいで、刺繍のお教室「クロスマアム」を主宰していらっしゃる
内堀久美子さんとも、
ステッチのこと以外にも、音楽のこと、同じジェネレーションなので、若かりし当時のことで、
いつもとってもお話が弾んで、盛り上がっています。
そして、去年の11月に一時帰国の際、二俣川に免許の更新をしに行った後、
クマと一緒に、彼女とランチをご一緒する機会が持てました。
ネットでお知り合いになった方と初めてお目にかかる時って、
本当に不思議ですよね。
お声を聞くのさえ初めてなのに、お互いの好きなこと、趣味など
細かいことはよく知っているという仲。
こんな経験は初めてでした。

その後も彼女とはやり取りをして、チクチクタイムに持ってこいの、
素敵なオルゴールミュージックのCDや、
お教室の展覧会の様子のビデオを送っていただいたり、
大切なお友達の一人となりました。
彼女が探しているという、フランスのアンティークなメジャーやガラスや絵の入ったボタンを見つけて、
送って差し上げたら、喜んでいただけました。
時々私のこのブログにコメントもくださいます。

そして、今年に入って、彼女はものすごくお忙しそうだったのですが、
それもそのはず、初めてのご自身だけの本を出版される準備で大わらわだったようでした。

そして御苦労の甲斐あって、それがやっと出来上がり、
私にもサイン入りで送られてきたのが、10月に入ってから。
あれからもう2カ月も経ってしまいましたが、
拙ブログかアマゾンでレビューを書くお約束、
遅ればせでやっと今果たしています。
遅くって、ごめんなさ~~い。



a0091997_02761.jpg

サインしてくださいました~♪

カバー内側の文章を抜粋します。

『絵を描くようにステッチしてみませんか?
この本には、小物雑貨や洋服に刺したい、
かわいいモチーフがいっぱい。
眺めているだけでもうきうきしてくる、
色あざやかでお洒落な作品を
130点ほど紹介した図案集です。
はじめての人でも気軽に、
基本をマスターした人でも楽しめる
工夫をほどこしています。』


中を開けると、まあ、それはそれはたくさんのかわいいモチーフが満載!
私もその昔、出版編集の仕事をしていたので、
これだけのカット写真を撮影するのが、どれだけ大変だったかが、
想像するに余りあります。
撮影追い込み時、ものすごく忙しくて、イライラして、
私たちの友情も危ぶまれた時期があったのも、当然でした…。笑

そんな苦労は微塵も感じさせず、どの写真もほんわか、ほんのり、かわいいのです。
刺繍のモチーフ自体ももちろんかわいいのですが、
やっぱりそのコーディネイト、レイアウトがいいです。
日本の刺繍を扱う本や雑誌を見る機会は私は多くありませんが、
フランスのものと違って、シンプルで、デリケートなタッチがお国柄ですね。

私が個人的に何よりも嬉しいのは、
私がパリで求めたボタンたちを、撮影に使ってくださっているのです。
どこに使っているかを、探して私にお知らせください、
正解をお教えします… ナンテ。


ちょっとだけ、チラミ…
家の中が暗くて、よく撮れていません。
皆さん、本物を見てね~。

a0091997_0204916.jpg


a0091997_0213275.jpg

↑これ、久美子さんご本人お気に入りです。

技術的にも、ステッチの方法、裏の糸の始末の仕方まで、
とても丁寧に、初心者の方にもわかりやすく説明してあります。
もちろん、どれもこれも、ステッチの図案だけでなくて、
お仕立て方法も、図で丁寧に説明記載されています。
クロスステッチに限らず、他のあらゆるステッチ、
金具材料との組み合わせ方、簡単なかぎ針編みやレースワークやハンダーガー、
缶やくるみボタンの作り方、抜きキャンパスを使ったものなどなど、
これ1冊持っていれば、忘れた時にサッと見て
応用すれば、パパッと色々作れてしまいます。


私は本当にお仕立てが苦手で、
クリエイティブなイマジネーションが全く無くって、
だから言われた通りに刺していればいいクロスステッチに走っているわけだけど、
今度は、小さいものを刺したら、レースを縫いつけるとかして、いろいろ作ってみようかな~
せめて端をフリンジにしてみるとか?
…と、私の心さえも動きます。

そう言えば、出来上がったクロスステッチを額装するしか能がない私ですが、
ねこサンタさん完成時、彼女からは
「フリンジにするとかわいいかも~」とご意見をいただきましたっけね~ なるほど~!

兵ステッチャーさん諸氏は、
まわりの初心者さんからいろいろ技術的なことを訊かれる機会も多いことでしょう。
そんな時、この久美子さんの本を、プレゼント、または、ご紹介していただけると
私もとっても嬉しいです~!
まずは本屋さんで手に取っていただくだけでも~♪

私のお友達の処女出版であるこの本、
折あるごとに、こうして大いに宣伝している私なのであります。

[PR]
by tchierisu | 2008-12-16 00:59 | クロスステッチ


a0091997_23204824.jpg



ROUGE du RHIN キット 『NOEL 2005』

去年のミクシイイベントに出展したものです。
でも去年は日本に帰国した後で、疲れ果てていて、
クリスマスの準備を何もしませんでした。
この作品もやっと今回、ねこサンタさんと一緒に額装に出しました。
去年の時点では、丸い額を扱っているところが見つけられなかったのですが、
今年に入って、金色のちょうど好さそうな額を発見、
お願いしたらサイズも、ノエルの雰囲気にもぴったりで、とっても満足です。
中身の作品より額の方がとっても格調高くなってしまいますね~。

以下はミクシイに去年出した時のコメントの抜粋です。

「クロスステッチ以外の手芸はまったくだめな私ですが、
このコミュには他の種類の手作りをされる方もたくさんいらっしゃいますね。
今私は、ブティなどと共に、特に レース編み 鉤針編み をやってみたい症候群です。
レース編みをスイスイ編むけど、クロスをしない人から「クロスのほうがよっぽど難しい…」と言われてその気になって、
お友達からドイリーをプレゼントしていただいて、
本物を目にして、ますます!という状態です。
でも実際とっても難しそうです。
あみねこなんかもパパッと作ってしまう、私の憧れのステッチャーの皆さん。
実際のところどうなんでしょう?

そんな最近の私の想いを込めて、このキットを刺しました。
最後慌てている時にラメ糸刺すのって、無謀でした。(笑) 
キットに付いていた銀糸は銀紙みたいにもろい感じで、とっても刺しにくそうなので、
DMC 5283 に代えました。
丸い額を探して入れようと思います。 」

きらきらクリスマス、うれしいです。

[PR]
by tchierisu | 2008-12-15 23:22 | クロスステッチ


気が付くともう12月!
何をするわけでもないのに、あっという間に時間が過ぎていく日々です。

ミクシイのクロスステッチマニアックスコミュの、
毎年恒例のイベント、「クリスマス物を刺す」にエントリーしたのは、
ねこサンタさんが刺し終わって、額装に出した時でした。
今から数週間前に額装は仕上がって、なかなか日が射すことが無かったのですが、
ある午後、ちょっとだけお日さまが顔を出したので、
あわてて撮影しておきました。
コミュでは発表用のトピが立ったので、ちょっと2~3日様子を見て、
先ほど晴れて発表いたしました。
なので、こちらにも、額装済みのねこサンタさんの写真を、アップいたしま~す!


a0091997_231533.jpg

(c)Birds of a Feather
French Birthday Cat : Decembre
Stitch Count : 104H x 62W
Two strands over two threads
Linen:32count Zweigart
Belfast Vintage Country Mocha
threads:The Gentle Art Sampler Threads / DMC



他の月のねこちゃんもいつか少しずつ刺していって、
同じ額に入れられたらな~ と思います。
このイベントに発表が終わるとなんかやれやれです。



さあ、ノエルの準備もいよいよ本番です。

[PR]
by tchierisu | 2008-12-04 23:23 | クロスステッチ