<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧




ブログの頭のカレンダーを見ると、また更新していないぶりが目に付いてしまいます。
で、今回またまた言い訳です。(笑)

春になると、子犬も売れるように、
人は新しいことを始めたくなるようです。
私の身辺にもここ2週間でいろいろ新しいことが起きています。

その1
3月12日 オペラ好きの母は今回2週間、ドイツのドレスデンに
リチャード・ストラウス10夜を聴きに旅立ちましたが、それはさておき、
この日から私は、天気がいい朝は、オオキミと森の中を1時間以上歩くようになりました。
最初の1週間は夕方も歩いて、毎日合計8キロくらい歩いていまして、
さすがにこんなことを急に毎日始めると、背中やら三里の辺りやらが筋肉痛でした。
雨の日はちょっと流石に歩けません、
週末もクマと何か工事しなければならないことが多く、お休みとなります。
でも、1週目は4日間朝晩、1日朝だけの合計5日間。
先週は雨が多かったですがその分週末も歩いたので、朝だけですが4日間。
今グーグルアースで今朝歩いた道程を測ってみましたら5.5キロありまして、
まあそのくらいをがんばって細く長く続けております。
朝まだ体温が上がっていない時にはゆっくりの方がいいそうで、
でもオオキミが興奮でなかなか大変ですが、
帰って来ると汗ばんでシャワーを浴びて気持ちもしゃきっ!
すこ~しずつではありますが体重も減ってきています。ほんと、すこ~し。
刺繍やパソコンで痛んだ腰や目にも大変いいようです。
もう筋肉痛もなくなり、豆ができてしまう古い靴も新しいリーボックに買い換えて、
毎朝気持ちよく歩いております。
でも時々オオキミが呼んでも来ないことがあり、困ったもんだ....
オオキミは毎朝ウサギやキジを追って走り回っては暑くなり、
森の中の、そんなにきれいとは言えないARDOU川にジャブジャブ入って
がぶがぶ水を飲んでしまいます。しょうがないか...。
だから回虫がいたのかしら?
これまたカメラなんかもって歩いていなくて、写真がアップできません。
いつの日かお見せすることにいたします。


その2
今まで1人に方にお教えしていたフランス語の家庭教師のお仕事でしたが、
もうひとかた生徒さんが増えました。
その方は去年11月から赴任されたご主人と一緒にオルレアンで暮らし始め
フランスを学ぼうにも、大学の他に語学学校がないので、
試しに日本語で「オルレアン 家庭教師」で検索して、
私のこのブログにたどり着いて、前から私の記事を読んでいらっしゃったのでした。
でもコンタクトしたものかどうか迷っていらしたところ、
京子食品や北海水産の記事も読まれ、もしやと思い、
ご主人の会社の他の奥様にたずねられ、
たまたま私とその奥様がこれまた初めてお目にかかった日で、
リアルにご連絡ができたというわけです。
もう日本で1年しっかりお勉強されていて、
AVOIRとETREの活用も空で言える状態でいらっしゃるし
何よりも今とってもお勉強されたい虫が騒いでいる時なので、
カチカチのスポンジに水がスーッとしみていくように、入っていって、
宿題もこなしてくださって、お教えし甲斐があるというものです。
私も久方ぶりにしっかり準備をしてお稽古(この言葉が好き 笑)に出向いております。
まだ調子がつかめないし、おしゃべりも楽しいので、
時間がだいぶオーバーしてしまったりしてご迷惑をおかけしておりますが、
やっぱりこのお仕事、私は好きなようです。
始めてかれこれ20年になりますものね~。
私自身もいかに日頃いい加減にフランス語を流しているかを再認識。
勉強になります。
明日もその方のお宅に伺います。


その3
京子食品、北海水産をご縁に、
オルレアンでの日本人の方との新しいネットワークが広がって来ました。
ミクシイとブログを始めてから、バーチャルでたくさんの方とお知り合いになりました。
でも、リアルにオルレアンにお住まいの日本人女性で「はじめまして」を交わした方は
実に10人にのぼり、その数はこれからも増えていくことになります。
驚きです。

実はパリで仕事をする前、今から5年位前に、オルレアンで家庭教師をしていた頃、
精神的に不安定だった私は、お世話になったある方(ここで仮にAさんと呼びます)に
とても失礼な態度で接して、その後お付き合いできないようになってしまいました。
Aさんは私がパリで忙しさにかまけていた間に日本に帰国されてしまい、
その後私は「もう私にこりごりとされているだろう」という落ち込みと共に、
ご挨拶するための連絡先を追うことなく、時が過ぎていきました。
当時フランスにアンテグレすることに必死だった私は、
日本の社会とこちらのそれとの間で上手に振舞えず、苦しんだ挙句、
Aさんに甘えてあんなにお世話になっておきながら、
最後にとてもいやな思いをさせてしまったのです。
今当時の自分を振り返ると、精神的につらい時であったとはいえ、
人として本当に未熟であったと恥ずかしい限りです。
そのことはその後数年来、私の胸の中のしこりとなっていました。
でもパリの生活を終え、当時と比べて私もずいぶん精神的に成長安定し、
ファクターだった私自身の大きな悩みの種も、「考え方ひとつ」と割り切って、
まだまだ完全ではありませんが、なんとか解決できるようになって来ました。
でもAさんへの過ちは拭い去れたわけではありません。
その後数年の間、新たに日本人の方とお付き合いするのが、とても躊躇われていました。

ところが、この度、Aさんをご存知の方とお目にかかる機会がありました。
きっとAさんから私のことをいろいろ聞いていらっしゃるかも知れない、と
正直なところ、お目にかかるのがとても怖かったです。
でもその方は何もご存じなく、でも私は私の思いをお話し、
その方からはやさしい言葉をかけていただきました。
Aさんには、いつか会う機会が来るまで、
いえ、もしかしたらもう二度とお目にかかることもなく、
一生お詫びすることはできないかも知れません。
でも周りの方からやさしい言葉をいただいたことで、
なんか、とっても勝手な解釈なのですが、胸のしこりが小さくなったようで、
長年の苦しみが少し薄らぎました。
勇気を出して、新しい方々と「はじめまして」を交わせてよかった。

人生でお世話になった方、お詫びしたい方ご本人に、
直接お返しをすることはとても難しいことです、時にそれは到底無理なことです。
なので、その時々で、できる方にできることをして差し上げることで、
それを償うようにして行く...ということを、以前恩師より学びました。
20代の頃は当のその恩師にもとてもお世話になりましたが、
実際は何もお返しができません。
新しいネットワークの中で、お付き合いさせていただくことはありがたいこと、
これもやっぱりご縁です。
今は当時よりもひとまわりもふたまわりも幸せで、心に余裕ができた自分がわかります。
今度はみなさんと上手に楽しくお付き合いできそうです。
こんな私ではございますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
...と心から申しあげる次第なのであります。





春だから始めた? 新しいできごとはまだあります。
その4以降は次回に続く...

[PR]
by tchierisu | 2007-03-26 07:07 | フランス生活



2月28日付けのこのブログで、広く声をかけさせていただき、
その後多くの方に、飼い主を探していただいておりました、
友人のボースロン犬のブリーダー、ナタリのうちにたくさんいた子犬たち、
お陰さまで、今やっと残りが2頭になりました!!!
去年生まれたもう4ヶ月+になるメスが1頭、
今年生まれた2ヶ月のメスがあと1頭の2頭です。
といっても、今年生まれた子たちは3ヶ月にならないので、予防接種前。
予約いただいた飼い主さんにまだ引き取っていただくわけには行かず、
みんな揃って元気でクインクイン言っています。

私の呼びかけにお応えくださり、多くの方が飼い主探しにご尽力くださいました。
本当にお世話になりました。
これならもうコントロールが入っても、大丈夫。
今は心からほっとしています。

皆さま 本当にありがとうございました!!!

皆さんに声をかけると同時に、その後私はフランス人の友人にも協力してもらい、
フランス国内のもっと広い範囲の人たちにも声をかけました。
私のメールアドレスに数件問い合わせが来たので、それをナタリに転送したりしました。
でも、クリスマスから引き続き、冬のバカンス明けまで、
やはり引き合いが全くありませんでした。
でも、バカンスが開けて、ここ1週間で急に予約がポンポンと入ってきたのです。
私の伝手からも引き合いが来たのでしょうか?
だったらうれしいのですが、それは知る由もないこと。
でも、今度ナタリに皆さんがどうして連絡してきたのか、よく聞いてみることにしましょう。
春になってこう暖かくなってくると、
お散歩のお供に犬でも...と思う人が増えるのだそうです。
ご協力いただいた日本の方からも、日本でもそういう傾向があると伺いました。
そんなものなのか~ なるほどです。

私もこの度のことで、日本へ動物を入れる場合について、いろいろと勉強いたしました。
もちろんこれからも、日本のどなたかがボースロンに興味があれば、
ご協力するつもりでおります。
今後のためにも、これを機会に、いろいろ知ることができて本当によかったです。
是非是非、引き続き、日本でボースロン犬を正しく広めていくために、
広報活動、よろしくお願いいたします!



ところで、去年生まれた現在4ヶ月のメスの1頭は
ナタリ自身が手元に残して飼うことになりました。
名前はビヨンナ。
私が世界地図のBから始まる索引をコピーしてあげて、
ナタリが10ページ以上に渡るその中から、
イタリアの小さな村の名前を見つけてこの名をつけました。
ビオンナとも発音できます。
でもそれを聞いて私はびっくり!
日本語でビオンナ=美女 と当てることができるではないですか!
私がアドバイスしたわけではないのに、驚き偶然のネーミングです。
ちょうど女の子だし。
オオキミのママ タミーズも5歳、ビオンナのママ スピカも6歳、
チビ達のママ トスカはいつかきっともらわれていくことになるかも...ということで、
売れ残ってしまったからというよりも、
次世代のために1頭メスの確保が必要だったのですが、
それにしてもその子を選ぶことになったとは...
ご縁ですね~。

ナタリは一番おとなしいのでこの子を選んだそうですが
ビオンナは、女の子だけあって、やはりオオキミよりもずっと静かでやさしいです。
ママのスピカも私にべったりくっつくので、ママ譲りの性格の様です。
もうケージの中では絶対におトイレもしないし、
一緒にお散歩行っても最初は走り回って、時々コテンと転んで、
お座りもするし、ちゃんと横も歩けます。
そんなに教えたわけではないのに、やっぱりボースロンは賢い! なんて...
なでなですると、まだ子供の毛なので、ふわふわしてて、
ずーっと撫でられっぱなしになってくれている時は
私には至福の時です。


ブリーダー業を営むナタリですから、
彼女の飼うオスボースロン、アルチュール(オオキミと同じパパ)の他に、
オオキミもいつか繁殖のために協力する日が来るかもしれません。
そうなるとビオンナがオオキミの初彼女になるかも~!
1回位はそんな目を見させてやりたい親心です。(笑)
オオキミもパパになる日が来るでしょうか?
2歳になって、48キロもあるというのに、
あのやんちゃ振りからは、今はまだ考えられない私であります。
(先週フンの中から回虫が発見されたので、
急ぎ薬をもらいに獣医さんに連れて行って、久しぶりに体重を測ったら
こんなにあって驚きました!)

とりあえずは、皆さまにお礼とうれしいご報告をと思い、書き急ぎましたが、
あいにく、ビオンナの写真がまだ撮れていません。
今度ナタリのうちでタミーズとスピカに一生懸命くっついて
ちょっとまだよたよた気味に走り回るビオンナの写真を撮ってアップいたします。
でも本当に動物の写真って難しいですよね。
実際のかわいさって、写真じゃなかなか写せないものです。

[PR]
by tchierisu | 2007-03-25 07:04 | ボースロン



いまやインターネットがこれだけ普及して、
メールさえもなかなか儘ならなかった10年前では、考えられない世の中になりました。
ブログやミクシィの存在にも大変お世話になってはおりますが、
海外で暮らす私には、時に『YouTube』が本当にありがたい存在となってくれております。

フランスではYouTubeなんて、私の周りを見渡す限りでは、まだ一般的ではないので、
CANAL+の面白い番組のシーンなんかも見られるので、
クマや家族、皆で楽しんだりもしています。

日本に帰る機会が少ない私は、すっかり浦島花子状態で、
最近のJ-POPのヒット曲やその歌手たちのことは、てんで分かりません。
なので、帰国の際や友人に頼むCDは、
もっぱら以前私が日本で聴いていたアーティストのものばかり。
でもそれではあまりに花子すぎるので、やっぱり新しいものも聴かなくちゃ。
帰国してカラオケに行った時、最近の曲を歌って皆をびっくりさせたい、
などとも思うのであります。(笑)

日本の友人に教えてもらった最近知った2・3のアーティスト、
それももう2・3年前だったりで、だいぶ古びているのでしょうが、
例えばゴスペラーズなんていうのがお気に入りだったりいたします。
最初は『永遠に(とわに)』しか知りませんでしたが、
YouTubeのお陰で、いろいろ他の曲も知ることができています。
今度は誰かにCD買ってきてもらおうっと。

でもやっぱり聴きたくなるのが、10代・20代の頃のなつかしの曲。
探しやすいところで、サザンが定番です。
先日も検索していたら、
「桑田佳祐 弾き語り生歌 サザンオールスターズ」 などと言う
一連のシリーズを偶然見つけました!
感動です!涙しました。
著作権とかどうなっているのかな~ と心配になってしまいますが、
うれしい限りです。
きっともう日本ではとっくに話題になって、古いねたなんでしょうね。
でも私はうろうろしてて自分で偶然見つけたものだったので、
夜中にひとりで叫んでしまいました。

映像がなくて、音声だけというのもまた、
中学の頃、こっそり深夜放送を聞いているようなワクワクした気分です。
桑田さん達とどっかのスタジオで一緒にいるみたいな感覚...
「真夏の果実」から始まって、
「夏をあきらめて」あたりはもちろん普通にいいです。

でも私にとってはこの
「海」「ラチエン通りのシスター」あたりの頃のアルバムがなんと言っても懐かしい!
バンドでキーボードやって、原坊のコーラスをコピーしてましたっけ。
他にもオリジナル数曲があります。

そして、そして、このシリーズのすごいのは、お酒も入ってきた桑田さんによる、
いろんな彼お気に入り曲の披露です。
ジョンレノンやクラプトン、ボブディランなんかももちろんいいのですが、
私が一番気に入ってしまったのが、
堺正章の「さらば恋人」であります!
なんて懐かしい曲、それを桑田節で聴くなんて!
そしてそして原坊のハモリが最高!
次回帰国の際は、絶対これを誰かに歌わせて、
私はハモリに撤するのだと心に決めました。(爆)

やっぱりたまには心に響く曲を聞かないといけませんね。
普段刺繍をしながらも、暖炉のはぜる音や、鳥の声ををよく聴きたくて、
あの東京でひっきりなしに音楽をかけていた私が信じられないほど、BGM も流しません。
たまに RADIO CLASSIC かけるくらい。
なので、懐かしい歌声や、
意味がビンビンよく心に響いてきてしまう日本語の歌詞の曲がツボにはまると、
不覚にも涙がはらはら流れてきてしまいます。
とっても敏感で、感受性が高くなってしまってます。
刺激のある東京の騒音の中じゃ鈍感にならなきゃ生きて行けなかったものね。当然。
ちなみに一昨年帰国の際に持ち帰ったサザンの『キラーストリート』の中では、
「LONELY WOMAN」を聴いては、ある女友達を思い、涙し、
「雨上がりにもう一度キスをして」を聴いては、
17・8の頃の湘南での思い出に思いを馳せて、懐かしさに涙しました。
それはやっぱり桑田さんの声だからなんだと思います。
どっぷりそのジェネレーションです。

涙もろいっていうのは、単に年とっただけってことなのかしら?
それでもいいのです。
涙を流すことは悪いものが一緒に流れ出ていくことなので、
その後はいい状態になれてさっぱりお風呂上りのように気持ちいいし。

YouTubeの曲や映像のアドレスは、永久ものじゃないので、
きっともうすぐこのお気に入りたちも聴けなくなってしまうことでしょう。
興味のある方は、旬なうちに早く聞いてみてね。
どこかに残す方法があるのかな~?
でもパソコンに残せなくても、心にはこの歌声が刻み込まれているから....

他にもこんないいのがあったよ~ って言うの、教えてくださいね!
YouTubeさまさまです。

[PR]
by tchierisu | 2007-03-09 01:06 | 音楽

a0091997_225410100.jpg


LANARTE キット
『小鳥』 15x20cm
生地 : 綿100% 27ct


久々のクロスキット過去作品の発表です。
そんなにたくさん仕上がったものがある訳ではないし、
新しい作品はそうそう仕上がらないので、
すぐねた切れになるのを恐れて、小出しにしております。(笑)
前回では、クリスマス用の作品をリアルタイムでお届けしましたが、
私のクロスステッチの歴史で行くと、今回のこの作品が本来の4作目になります。
自分の記録用に、ちょっとこだわってみます。

これは、今までアイーダ生地ばかりに刺していたのですが、
次にやりたいものがリネンだったので、その練習用にと
小さいキットを見つけて、21ユーロで買ってきて、刺してみたものです。
いまやミクシィで、LANARTEが、オランダが誇る世界に名を馳せる
立派な刺繍デザインメーカーだということを知りましたが、
当時はDMCをはじめとするフランスものの存在しか知らなくて、
たいしたものではないと思ってしまっていました。
私もLANARTEを刺していたのね~ と今改めて驚いています。
 
このキットを選んだ理由は、アイーダでない生地で簡単なもの、という第一条件の他に、
小鳥さんのモチーフもかわいかったですが、
何よりも生地のバックに、もうニュアンスがプリントされていて、
そこに刺していくというのが魅力でした。
バックステッチの小枝の様子も繊細で、後ろのプリント柄とマッチして、
思わぬ深みのある作風に仕上がって結構満足です。

これを刺していた頃は夏の暑い盛りで、
みんながうちのプールでジャブジャブしている横でも、私は泳がずにひとりチクチクして、
クマのお母さんから「えらいわね~」と褒められて
うれしがっていた思い出が、刺し込められています。

問題のアイーダでない生地にはじめて刺した感想は、
最初は2目づつ数えるのが大変でしたが、何でも慣れですね。
麻でなくてコットンで、目がちょっと詰まっていて、
間違えてつじつま合わせしているのを、本人がじーっと今見つめると発見できます。
でも、まあ、初めてにしては美しくできた方だと、自画自賛です。

小さな作品なので、最初からトラディショネルなムードで、
オバールの額に入れたいと思っていました。
でもわざわざパリの額屋さんに頼むほどの代物でもないしということで、
いつも行くオルレアンの額屋さんに行ってみました。
でも、その時オバールでちょうどいい大きさのものが、
まだ色が付いていなくて自分で色を塗る無垢のものと、
このゴールドしかありませんでした。
迷いましたが、色をまた自分で塗るのも億劫だと思って、
このゴールドの方にお願いしました。
思い入れのある作品なら、無垢のものを買って、自分で色を塗ったり、
こちらではPYROGRAVEURという、焼きごてのペンで
焦がしながらデッサンしていく方法で、何か描いても素敵です。
私はPYROGRVEURでエーデルワイスなどのモチーフを描いて加工してある、
山小屋風な木製インテリア小物が大好きです。
いつかやってみる課題にいたしましょう。(い...いつ?)

出来上がりはご覧の通りの、ベルサイユ宮殿顔負けのキンキラキンです。
とってもフランスっぽいかも...
刺繍を私にいざなったharumisanさんも、
「フランスの古いうちの寝室に飾ってあるものっぽい」(でしたっけ?)と言って
褒めて(?)くれました。 ありがとう。
今でもサロンのテレビの横に飾っています。

『よし!これでアイーダでないものも怖くないぞ~』 と自信になった作品でした。

[PR]
by tchierisu | 2007-03-07 22:59 | クロスステッチ

庭仕事のための月カレンダー...みたいなアジャンダ本を持っているので、
今夜3月4日が満月ということは知っていました。
さっきクマが、お隣に向かって吠えるオオキミをつなぎに外に行って、
「今日は月がまんまるだ~満月かな?」とも言っていたし...。

そのあとクマが寝て、
ここのところ一目1本取りのクロスステッチをしているので、ちょっと趣を変えようと、
今夜はやりかけだった大きめの目のアイーダ生地に3本取りというキットを取り出し、
まるで毛糸でも刺しているような感覚で、面白いように進むので、楽しくチクチクしていました。

つながれたオオキミは普段、こんな時間=夜中の12時にはもう小屋に入って寝ています。
なのに、どうしたことか、今夜は吠えています。
さっきちょっと塩鮭の皮なんか食べさせたから、のどが渇いたのかな?
それでしかたなくチクチクを中断して、外に行って、繋いであるのを外してあげて、
お水を入れ替えてあげて、おしっこしに行っているのを待ちながら、ふと空を見上げました。
わー星がたくさん!
で、満月は...?


a0091997_94717.jpg


えっ!? 月が上の方だけの帽子型の三日月になってる~!
でも光ってないところもオレンジ色に見える~。
さっき満月だって言ってたよね~?
あわてて寝ているクマのところに行って「ちょっと、月がへんなのよ~!」

さっそくグーグルで調べると、今夜は皆既月食なのでした。
日本では、4日の明け方、西日本での部分月食で、
その後月没になってしまうので、あまりよく見られないそうです。
ヨーロッパが一番好条件でよく見られる とあります。
やった~!満天の星空で天気もいいし、
日本では見れていないと知ると、俄然月食に価値が出てきました。
気温は3度と寒いけれど、
カメラと双眼鏡を用意して、防寒帽子と上着を着込んで、眺めました。


a0091997_948140.jpg


こんな時に限って、クマのお父さんにまたカメラを貸したばかり。
以前使っていたデジカメでちょっと撮ってみましたが、
望遠は小さいし、三脚ないのでぶれぶれです。
クマの一眼レフの方はバッテリーが切れてて動きません。とほほ。
どれもこれもひどい写真ではありますが、お許しください。


a0091997_9484750.jpg


夜中の12時半頃が一番完璧に近く全体がオレンジ色になっていました。
母からもらったオペラを見る用の大したことない双眼鏡で覗いても、とても幻想的。
「あ~ 月ってのっぺりした円形じゃなくて、本当に球状なんだ~」と
それはそれはよく分かって感動しました。


a0091997_9493526.jpg


日食のように早く動かなくて、変化がなかなか現れません。
前後1時間くらいうろうろ出たり入ったりしていました。
上の方がだんだん小さくなって、全体にオレンジになったので、
今度は下から明るくなってくると思ったら、さにあらず、
左側が明るくなってきました。
どうしてなのでしょう?
1時を過ぎると、左側が光る三日月となって、オレンジ色もなくなりました。


a0091997_9505380.jpg




月が欠け始めた頃から、気のせいか、いつもよりも近く遠くで犬がよくないていました。
人が出て眺めているせいなのか、
それともこういう自然現象にやっぱり動物は敏感なのかしら?
オオキミもいつになく吠えて教えてくれたものね。 ありがとうね。
日本の人にはできない、とても不思議な体験をさせてもらった、
満月のお雛祭りの宵なのでありました。


a0091997_1011366.jpg

 ↑ 午前2時過ぎ
[PR]
by tchierisu | 2007-03-04 10:05 | 自然