MARY WIGHAM SAL ハーフメダリオン一周完成!


もうとっくに9パート全てが発表された、Maryちゃん。
日本でも、海外でも、毎日続々と完成写真がアップされています。
でも、亀の私は、マイペースでチクチク。
そして夕べ、まわりのハーフメダリオン一周が、完成しました!
うれしいです。

a0091997_20213462.jpg

NEEDLEPRINT SAL
MARY WIGHAM 299X289 60cmX60cm
FABRIC : 32COUNT PERMIN LAMBSWOOL
THREADS : DMC
2OVER2


さあ、真ん中に穴をあけて、ポンチョにしましょう!
しないしない・・・



刺していて思ったのは、Maryちゃん、間違えが多いこと。
きっと、糸がとても貴重だった時代、やり直すなんてできなかったのでしょうね? と想像します。
でも、意外なことに、シンメトリーになってないことは、鈍い私には刺しながらしか発見できません。
気づいた時にはもう遅く、こっちが正しいだろうな~という方には 修正不可能。
間違っているだろうという方にお揃いにしたり…
刺し始める前には、Maryちゃんを尊重して、そのまま忠実に刺そうと思っていましたが、
やっぱり気持ちが悪いので、自分でアレンジしています。

そしてこの度、Maryちゃんに教わったこと。
「間違っていても、気にしない。刺した本人のみのこだわりで、人は気づいていない。」
いつも他のステッチでも、間違うとものすごく落ち込んでいた私。
やり直そうかどうしようかものすごく迷って、ストレスになっていました。
でもステッチは楽しく!が一番。
『本能の赴くままに』 笑 という定義が成り立ち、
今まで「こうでなければ!」と 刺繍の世界にまで決めたがっていた気持ちが、ずっと楽になりました。


途中、どよ~~~ん とした気分に陥り、しばし停滞気味でありました。
そんな時も、本能の赴くまま、自分の好きな色で刺してしまえ! 
そして、一番下の列は、自分の好きな色オンパレードとなり、
18世紀のアンティークなMaryちゃんのムードが吹っ飛んでしまいましたが、
21世紀の私のMaryちゃんだからいいのいいの。

黒を刺すことに勇気が出ず、色を変えたこと、
「これが噂の白糸刺繍ね!」とばかりに意気込んで刺したものの、
ものすごく疲れた、ECRUとクリーム色の部分に懲りて、
もうホワイトは嫌! となったのも、色変えの理由でした。

でも、黒も素敵と多くのステッチャーさんもおっしゃるので、次回は、黒でも刺してみようかな?
強い色を持ってきたのは、黒が隣に来ても大丈夫なように…とも考えたのですが? どうなることやらです。


お友達にプリンセスが誕生して、プレゼント用に準備していた、
イザベルさんのデザインのものを、イザベルさん自身のアドバイスのもとアレンジして、刺すのを、
いよいよ完成させないといけません。
それを額装に出してから、Maryちゃんの、今度は次の内側の周りを刺していこうかな~と思っています。
[PR]
by tchierisu | 2009-08-11 20:51 | クロスステッチ