クロスステッチ 作品 本当のその4 

a0091997_225410100.jpg


LANARTE キット
『小鳥』 15x20cm
生地 : 綿100% 27ct


久々のクロスキット過去作品の発表です。
そんなにたくさん仕上がったものがある訳ではないし、
新しい作品はそうそう仕上がらないので、
すぐねた切れになるのを恐れて、小出しにしております。(笑)
前回では、クリスマス用の作品をリアルタイムでお届けしましたが、
私のクロスステッチの歴史で行くと、今回のこの作品が本来の4作目になります。
自分の記録用に、ちょっとこだわってみます。

これは、今までアイーダ生地ばかりに刺していたのですが、
次にやりたいものがリネンだったので、その練習用にと
小さいキットを見つけて、21ユーロで買ってきて、刺してみたものです。
いまやミクシィで、LANARTEが、オランダが誇る世界に名を馳せる
立派な刺繍デザインメーカーだということを知りましたが、
当時はDMCをはじめとするフランスものの存在しか知らなくて、
たいしたものではないと思ってしまっていました。
私もLANARTEを刺していたのね~ と今改めて驚いています。
 
このキットを選んだ理由は、アイーダでない生地で簡単なもの、という第一条件の他に、
小鳥さんのモチーフもかわいかったですが、
何よりも生地のバックに、もうニュアンスがプリントされていて、
そこに刺していくというのが魅力でした。
バックステッチの小枝の様子も繊細で、後ろのプリント柄とマッチして、
思わぬ深みのある作風に仕上がって結構満足です。

これを刺していた頃は夏の暑い盛りで、
みんながうちのプールでジャブジャブしている横でも、私は泳がずにひとりチクチクして、
クマのお母さんから「えらいわね~」と褒められて
うれしがっていた思い出が、刺し込められています。

問題のアイーダでない生地にはじめて刺した感想は、
最初は2目づつ数えるのが大変でしたが、何でも慣れですね。
麻でなくてコットンで、目がちょっと詰まっていて、
間違えてつじつま合わせしているのを、本人がじーっと今見つめると発見できます。
でも、まあ、初めてにしては美しくできた方だと、自画自賛です。

小さな作品なので、最初からトラディショネルなムードで、
オバールの額に入れたいと思っていました。
でもわざわざパリの額屋さんに頼むほどの代物でもないしということで、
いつも行くオルレアンの額屋さんに行ってみました。
でも、その時オバールでちょうどいい大きさのものが、
まだ色が付いていなくて自分で色を塗る無垢のものと、
このゴールドしかありませんでした。
迷いましたが、色をまた自分で塗るのも億劫だと思って、
このゴールドの方にお願いしました。
思い入れのある作品なら、無垢のものを買って、自分で色を塗ったり、
こちらではPYROGRAVEURという、焼きごてのペンで
焦がしながらデッサンしていく方法で、何か描いても素敵です。
私はPYROGRVEURでエーデルワイスなどのモチーフを描いて加工してある、
山小屋風な木製インテリア小物が大好きです。
いつかやってみる課題にいたしましょう。(い...いつ?)

出来上がりはご覧の通りの、ベルサイユ宮殿顔負けのキンキラキンです。
とってもフランスっぽいかも...
刺繍を私にいざなったharumisanさんも、
「フランスの古いうちの寝室に飾ってあるものっぽい」(でしたっけ?)と言って
褒めて(?)くれました。 ありがとう。
今でもサロンのテレビの横に飾っています。

『よし!これでアイーダでないものも怖くないぞ~』 と自信になった作品でした。

[PR]
by tchierisu | 2007-03-07 22:59 | クロスステッチ